テーマ:京都

平安神宮の枝垂れ桜と京都市京セラ美術館(改装中)

 ハイアットリージェンシーを出て京都の桜を愛でに。ソメイヨシノ系はもう散ってしまったが、しだれが見頃だという。それなら平安神宮だ。近くの京都市立美術館にはちょくちょく来るし、そばはよく通るのだけど、 中に入って記事にするのはどれくらいぶりだろうか。  この記事以来? 十年ぶり?? 京都 2009初夏(平安神宮) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のツアー2018(8)清水寺紅葉ライトアップ2018 工場萌え編

 秋のツアーの旅行記もやっとここまで辿り着いた…。 もう何年ぶりになるんだろうか清水寺の紅葉ライトアップ。と思ったらなんともう記事にしたのは十年前かい。倉敷から大阪に移動し、もういいかとも思ったんだけれどもせっかくハイシーズンに関西にいるのだ、これを逃す手はない。  あまり意識していなかったんだが、この判断は大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」(東京国立博物館)

 アラビアの道を通って京都の仁和寺に。これまたひとつひとつの仏像に対する考察も特にできないので撮影できたものだけでも公開して行けなかった方に気分だけでも味わっていただこう。  現地へはなんどか参拝しているが、4年前に御室桜を見に行ったのが最後か。会場は荘厳な感じ。すっかり京都のお寺の夜間拝観に来ている気分。必ずしも今回の展…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都水族館「ほたるの夜」

 前から行こう行こうとは思っていたが、どうにもタイミングが合わず、開設以来もう5年も経つのか。場所柄なんとなくこぢんまりした印象を勝手に持っていて、舐めてかかっていたらこれがかなり本格的なアクアリウムであったことよ。震災前に行ったかごしま水族館とくらべても遜色ないと思う。  ついに訪問の決め手となったのが、その前の週に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三室戸寺あじさいライトアップ 2017.6

 府立植物園を後にして三室戸寺へ。昼のあじさいや蓮にはちょくちょく来ていたが、ライトアップはなんと8年ぶりか。  ここのあじさいはなんか雰囲気あるんだよね。霊験あらたかなる所以か。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園 2017.6

 はて最後に来たのはいつだったか。(おお6年も昔、なんと震災前か)夜のあじさいまで時間があるのでここのあじさいもせっかくだから撮ってこようかと寄ってみた。  やっぱり植物園のお花は質が高いよね。お手入れご苦労様です。  リニューアルされた温室へ。  別料金かよ! 関西らしいw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の梅 2017

<北野天満宮>  冬はつとめて。きさらぎの京の都は極寒の中訪れる人もまばら。宿も空いていてデラックスな部屋も廉価で泊まれる。道は渋滞もなく快適な移動。そんな中で存分に梅の花を独り占めできる至福の穴場季節であった。ああそれなのに。  京都駅前のバス停から大爆発。桜の時期ならわかるが、なんだこれは? ようやく乗り込み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デトロイト美術館展(大阪市立美術館)

 クソ暑い中また来たぜ大阪市立美術館(8/18来訪)。一年ぶりなのか。そして大サプライズが待っていた。なんと、曜日限定だが全作品写真撮影可能! 一部SNS掲載不可作品もあったのはなんなんだろ。画家の意向というよりは、利権が絡むんだろうなあ。今後売りに出す? 掲載不可作品とされたものには、頽廃美術とナチスに烙印を押されたドイツ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都嵐山花灯路 2015

 あり? もしかしてもう4年ぶり?花灯路。訪れたのは12/11。「フェルメールとレンブラント展」に行ったのは翌日のこと。だいぶたってしまったし順序も違うが一応記録として載せておこう。  今回は出足が遅れたので竹林やらは行けなかった。  定番の宝厳院へまっすぐGO。  今年の紅葉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三室戸寺のあじさいと宇治創こころ 2015

 去年蓮を見に来て以来か。あじさいは5年ぶり。6/2午後より京都に滞在し、いったん東京に戻るつもりであったが諸般の都合で週末も居座ってしまった(ここの撮影日は6/7)。戻った時に一レフのカメラを持ってこようと思っていたので、手持ちはコンデジのみである。せっかくの5年ぶりのあじさいなのにちょっともったいないことをしたかも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上賀茂神社の斎王桜 2015

 だいぶ前に梅の花を見に来た記憶はある。しだれ桜も有名だということで、雨の中駆けつけた。今年はもう雨に祟られてばかりで、せっかく晩春の京都に間に合ったのに、ロクに回れなかった…。  なるほどこれは見事。明るい日差しがなかったのが悔やまれる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮の梅 2015

 ここのところ梅の季節以外にも訪れていた北野さん。梅の記事は二年前なんだな。やっぱり春はここから始めないと。  長五郎餅! たまにはおうすもいいかなと思ったけど、やっぱ普通のお茶のほうがいいな。  この日はあいにくの小雨模様で、輝く梅が撮れなかったのは残念。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

醍醐寺ライトアップ 2014

 東京に帰ってから来るのは初めてかな? かの枝垂れ桜の時期が有名なので紅葉の時に来ること自体はじめてなのかも。しかし今年はライトアップがあるとの情報を得、寄ってみた(これは12/7の様子)  拝観にはHPでの事前申込みが必要とのことでもちろん済ませておいたのだが、受付で(受領メールなど)確認されることはなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直指庵の紅葉 2014

 一昨年以来の直指庵。今回は出遅れてしまったが(この記事は12/7の様子)、逆に敷き紅葉を堪能できるかなと期待して敢えて攻めてみた。しかし結果はダブルショック…orz。  まず、前々回来た時に食べた湯豆腐屋さんが跡形もなく消えていた…。なんてこったい。前回はピーク時に来て対応しきれないから断られちゃったのだ。出なおして…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

毘沙門堂紅葉ライトアップ 2014

 京都で撮ってきた紅葉写真がだいぶ溜まってしまった。ぼちぼち上げていこう。こちらは11/26の様子。  山科にある毘沙門堂。いちど来たことはあったはず。紅葉とかのハイシーズンではなかったと思うが。駅からだいぶ歩くのは覚えていた。ライトアップは今年からかなと思ったら、去年に引き続き二回目らしい。  今年はなぜか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイッスラー展(京都国立近代美術館)

 ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(1834-1903)とは、アメリカで活躍したアメリカ人画家だという認識でいたが、活躍の場は主に欧州であったことを知ったのはつい最近のこと。一般にはヨーロッパ画家として括られてるのか。だってアンドリュー・ワイエス(1917-2009)あたりと被らない?(今回調べてみたらホイッスラーの方がずっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三室戸寺の蓮 2014

 あじさいの名所として知られる宇治の三室戸寺。2010年にあじさいを見に来た来たのが最後のようだ。実は蓮の名所でもあり、前回は2009年に訪れている。ちょうどD5000を買った直後だな。5年ぶりに図らずもまたD5300の試し撮りで来ることになった。  今回京阪線の三室戸駅から歩いてみた。朝イチなので気温はそれほどでもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙心寺 退蔵院の蓮 2014

 法金剛院の後に訪れたのはこれまた5年ぶりである妙心寺。5分程度で歩けるのでセットで詣でるのがおすすめである。なにかとデジャヴな感じであったが、ここまで同じことが起こるとは。  お、猫ちゃんひさしぶり!  陽と陰の枯山水。5年前と違うのは色とりどりの花が植えられている。色の付いた生花があっても枯山水と呼べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法金剛院の蓮 2014

 実に5年ぶりに来た蓮のジャングル。久しぶりには訳がある(これまでうまいこと出張が入らなかっただけだけど)。実は一レフを新調してしまったのだ。試し撮りにもってこいのこの美の極致。いかなる新境地を私に与えてくれるのか Nikon D5300 よ!  カメラ自体の使い心地についてはまた改めて論じるとして、しばらくは論より証拠で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁和寺にある "不法占拠" タイプのトイレ

 先日仁和寺で桜の撮影をした時、スマホで写真の編集をする際にどこか暗めのところがないかな(陽の光がジャマで画面がよく見えない)と思ったところ、あそっか、トイレの個室があるじゃないか、とちょっと籠もった。  編集を終え、ふと前を見ると「和式便所の使用方法」みたいな案内が図入で張ってあることに気付いた。私けっこうそういうの読むの好きな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

六孫王神社の桜 2014

 いくら超満腹に食べても翌日目が覚めると腹が減っているものだ。昨日は平野神社で締めくくった桜紀行も、翌日もう一軒寄りたくなった。  ここも小さな場所でそれほど知名度は高くないかもしれないが、桜を特集した観光ガイドにはよく紹介される隠れた名所。  京都在住の時は毎朝ここの横を通って京都駅まで行ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平野神社の桜 2014

 去年以来の平野神社。あの時はまだ桜開花以前であった。今年は散り際…。  知らなかったが、ライトアップもあるというので今回の京都さくらツアーの最後に持ってきた。八重桜や枝垂れ桜はまだまだいけた。  まだ薄暮の頃。なんかわかんないけど浴衣(?)のお姉さま方が(来る途中立ち寄った北野さんでも)数名おられた。外国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千本ゑんま堂 引接寺の普賢象桜 2014

 仁和寺の後、以前 Twitter でふと流れてきた普賢象桜に惹かれてやってきた。  名前からわかる通り、閻魔大王様が祀られている。  噂の普賢象桜。花びらが散るのではなく椿と同じく花ごとボトッと落ちるらしい。  見ていてな~んかおいしそうだなと思っていたら、実際塩漬けにして食べるらしい。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

仁和寺の御室桜 2014

 原谷苑から仁和寺へは30分弱で歩けるらしい。駐車場には後から後から観光バスやタクシーが乗り入れごった返してる。タクシーも考えたがあの長蛇の列では30分近く待ちそうだ。意を決して歩くことにする。  直線距離なら大したことはないが、舗装されてはいるものの、ひと山越えねばならない。セットで詣でるときは山から下る形になるので、原…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

原谷苑の桜 2014

 桜の京都に来たのももう十年ぶりほどである。京都にいる間、たいがいの名所には足を運んだが、まだまだ未踏の地はあるものだ。その名を聞いたのはもういつのことか忘れた。長らく行きたいと思っていた知る人ぞ知る名苑。ようやく参上仕ったぞ原谷苑(4月17日撮影)。  北大路駅からバスに乗り約20分(あんまり本数はないよ)。入口より…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北野天満宮の紅葉ライトアップ 2013

 また京都の紅葉の記事に戻る。光明寺に続いて、帰り道なので長岡京天神に寄ってみた。  ここは春の燃えるようなツツジ通路が有名である。  こんなお堀にもなっていたのか。  つつじが咲いてないとただの通路であった…(笑) ****************  で、梅の季節にはしょっちゅう行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光明寺(長岡京市)の紅葉 2013

 去年直指庵の後に寄ろうと思っていたのだが、時間切れ&疲れてしまい見送った京都の紅葉名所寺。いやはやまだまだあるものだ。  去年見送ったのは正解だったかもしれない。JR長岡京駅からバスで約15分くらいか。時間的にキツかっただろう。今年は朝移動で京都到着後一番で寄ることにした。  バス停を降りるとおいしそうな白菜畑。思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都五条坂陶器まつり 2013

 前回来たのはもう4年も前のことなのか。京都の夏の風物詩。たまたま出張のタイミングが合ったのでなんとか駆けつけることが出来た。  ところでこの日は日本上空を国際宇宙ステーションが通りする日で、せっかく京都にいるのだから五重塔と被せた構図を狙っていたのだが、ちょっとのんびりし過ぎて出遅れたこともあり、あたふたして西の明るい金…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴッホ展 -空白のパリを追う-(京都市美術館)

 全開の京都出張中にふと見かけた「ゴッホ展」のポスター。え? こんなのやってたの? そういえばちょっと前にそんなのハウステンボスでやってたな。長崎まで見に行こうかと思いかけたやつだ(けっきょくすぐ忘れてしまったけど)。  でもあっちは「幻のゴッホ展」とかなってた。もうページが消えてしまっているので内容比較が出来ないが、オラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

開花前の八坂神社の桜 2013

 (ちょっと前後するけど徳島の大塚国際美術館へ行った後の話。ちょうど今頃は八坂さんも満開になってるんじゃないかな)。ワークとライフはバランスしなければならない。二時間半掛けて徳島から高速バスで帰ってきた後また新幹線で二時間半掛けて家に戻るのも辛いので、もう一泊してやったぜ~。  さらに翌日そのまますぐ東京に帰るのもなん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more