少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス_さざめく亡霊たち(東京都庭園美術館)

<<   作成日時 : 2016/12/30 13:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


 快楽の原美術館からのハシゴ(けっこう近い)。リニューアル以来なんと5年ぶり


画像
 予想通り中身は当然ほとんど変わっていない。歴史的建造物だから保存してかなきゃいけないもんね。ってか、新館が増設されたんだ。この新スペースも利用した企画展はクリスチャン・ボルタンスキーさんの現代アート。正直いわゆるインスタレーションってあんま得意じゃないのよね私。ささっと見る分には楽しいものもあるのだけど、金ばっか掛かりそうで。

 理屈じゃなくてフィーリングが合うかどうかに大きく左右される。しかも製作者はなんか偉そう。この辺は例の「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより(東京国立近代美術館)」を見てきて思い始めたこと。

 この企画展では、庭園美術館を改造(?)して、あちこちからスピーカーで人の話し声が聞こえるようにしたりしていた。最初知らなくて、なんか入ってはいけないスペースに足を踏み込んだのを注意されたのかと思ったw。これはボルタンスキーさんの指示なのかな。


《まなざし》2013年
 新館の広いスペースでは、まるでお化け屋敷みたいな趣向のインスタレーションが置かれていた。特設会場内は薄い布であちこち仕切られ、まるで蚊帳の中を進む感じ(さすがに蚊帳なんて朧げにしか覚えてないが)。徘徊の先に出逢うのは巨大な金塊ってかウンコ…。こんなこと言ったら怒られるかもしれないが(実際場内で見ることの出来たボルタンスキーさんのインタビューではかなり真摯で真面目な人という印象だった)、そう見えちゃうんだもん。
 実際は古着を災害時に使われる金色のシートで覆い被せたものとのこと。この後の心音と同様にひとつひとつの生命を意識した作品なんだろう。

 アマソンでも金色のはあまり扱っていないけど



《心臓のアーカイブ》2010年
 旧館二階に上がりなんだか賑やかな部屋があるなと思ったら、「心臓の鼓動を爆音で鳴らし続ける」趣向の部屋だという。いやはやこれは数秒で退散した。わたしゃこういうの苦手で、動機やらゼーゼーハーハーの息切れする音がテレビから聞こえてきただけで影響受けて同じ苦しみを持ってしまうのよ。繊細ですからね( ゚∀゚ )
 後ほど知ったのだが、ここでのパフォーマンスはショートバージョンで、ほんとは世界中のいろんな人達の心音を(鑑賞者も自分の心音を録音できたとか)いろいろと集めて聴けるようなものだという。人が聞く最初の音が母親の鼓動の音というが、うーむ、あたしゃちっとも癒やされない。

*この辺の詳細はコロコロさんのブログで得たものです。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご紹介、どうもです。

あれは、「うんこ」なのか「うんち」なのか・・・私は「うんち」だと思うのですが(笑) 一方、浅草のは「うんち」
ずっと、この「うんこ」と「うんち」の違いはなんだ・・・・と思っていて、年越ししないようにと調べたら、こんなことになってました

http://www.j-cast.com/2016/07/21273037.html?p=all

私は医師会がそんなことを決めるところではないことを知っているし、医学の中で、「うんち」「うんこ」は使わないぞ〜って、像皮症を知っているコロコロさんは思ったのでした。(笑)

地面までついてる足のようなアソコの写真。授業中で見ました。そりゃあ、みんな大騒ぎでした。
コロコロ
2016/12/31 17:58
>コロコロさん
私はなんとなく赤ちゃんがするのはうんちでオトナがするのはうんこみたいなイメージでしたが。
これご紹介してましたっけ。
http://syousanokioku.at.webry.info/201508/article_1.html

それではよいお年を〜(ああなんでこんな話題で年越しを…ww)
少佐
2016/12/31 19:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス_さざめく亡霊たち(東京都庭園美術館) 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる