テーマ:グルメ

DVD「ファウンダー」

 あのマクドナルドの「創業者」レイ・クロックの話。かなり有名なサクセスストーリーなので前から興味を持っていた。はじまりはマクドナルド兄弟の始めた新たなレストランビジネス。今でこそ当たり前だが、当時としてそのシステムは画期的だった。ウエイトレスを置かない、全てセルフサービス、お皿もナイフもフォークもなく、その辺で座って食べろ、あるいは家に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイアット リージェンシー 大阪

 フェルメールも鳥獣戯画も無事堪能し、ただでさえ美術館巡りは歩きっぱなしなので体力を消耗する。夜行バスであまりよく眠れなかったためもありさすがに疲労困憊。ホテルで仮眠をとることにする。  今回はハイアットリージェンシーホテル。先日のヒルトンで味をしめて今回もリージェンシークラブクイーンなるエグゼクティブなクラスにした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展(大阪市立美術館)

 夜行バスではるばる来たぜ大阪。開場は9:30(今現在は8:30に繰り上げになったそうです)。9時頃から並び始める。平日だがそこそこ行列ができ出す。にしてもスタッフさんが拡声器でああだこうだと注意事項を延々説明し出しうるせーことうるせーこと。物販の説明までしやがるし。 「聖なるものと俗なるものをフーゾク画の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東急ステイ福岡天神

 今年もなにかと九州とのご縁が続きそうで、行ったばかりのシーホークそばにまた出張で行ってきた(訪問日3/18)。また飛行機だよ。ところで最近気づいた大発見。Amazonマスターカードのゴールドカードも空港の VIP ラウンジに行ける! だって利用可能カード一覧に「VISA」としか書いてないから違うんだと思ってたんだもん。Mast…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川合玉堂美術館

 去年の秋に行った足立美術館でいくつかこの人の作品を見つけて興味を持った。そういえば地元にこの人の記念館みたいのがあったな(訪問日1/13)。  最寄りは青梅市のJR御岳駅。都内から来ればけっこう掛かる。私は地元といえば地元だがそうめったに来るところではない。クルマ乗ってた頃、奥多摩ははちょくちょく温泉入りに来た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州旅行(4)ヒルトン福岡シーホークと太宰府天満宮

 二日目は福岡に出た。由布院の月燈庵ものんびりできてよかったけど、こちとら田舎に生まれ田舎に住んでいるからそこそこの田舎に行ってもあまり新鮮味がない。やっぱり都会の洗練されたホテルの方がワクワクしてお得感があるかな。  場所は言わずとしれたヤフオクドーム隣。存在はもちろん昔から知っていたが利用するのは初めて。巨大ホテル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州旅行(3)ゆふいん 月燈庵(食事編)

 夕食は別の個室に通される。この年輪のプレートどれもヒビが入っていたのでこれもこだわりかな。  写真でわかりにくいだろうけど、この細いお箸が丈夫で使いやすかった。おみやげとして売られていたので買ってきたよ。  にごり酒。甘酒みたいだったと思う。  外人に見せると必ず不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のツアー2018(7)倉敷ロイヤルアートホテル

 倉敷で泊まったホテルのレポート。一応ググった限りでは街一番のホテルのようだったが、着いた日の夜街をふらふらしているときにこんな旅館があった。ググってみたらかなり有名なところみたいね。いつか行ってみたいものだ。  さて入館。  広いお部屋!  マッサージチェア! (背中擦れてたけど快適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のツアー2018(4)ホテルひさご家

 島根県立美術館を後にしてJRにて足立美術館の最寄り安来駅まで。もう夜なので一泊する。安来って安来節のやすきなのか。しかも「やすき」じゃなくて「やすぎ」なのか。って調べてた時に前にも思ったような。  なるほど駅からシャトルバスが出ている(出口からすぐ)。明日はここに来ればいいのだな。連休中だし早めに行った方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のツアー2018(2)島根上陸

 今回の旅程は裏日本ツアーとでも名付けたかったが、なんか、裏とかいうのはイメージ悪いみたいで最近あんまり言わないみたいだなウラウラベッカンコ! これもちょっと今では放送コードに引っかかるのかも  さて、足立美術館へは北九州から新山口に出て「特急スーパーおき」なるもので行くのがよさそうだ。それでも島根の安来(足立美術館…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ホキ美術館 SPARK -あの時君は若かった-

 二年ぶりなのか(訪問日2018.10.21)。もっと頻繁に来たいものだがなにせ遠いのよ…。今回は今週月曜朝から千葉で泊まりの仕事があるのでこりゃ家に帰らんでもいいからのんぴり回れそうだとホキと川村の千葉ツアーを開催したプッシャー!  今回は企画展「あのとき君は若かった」ということでホキでおなじみのベテラン作家たちの初期作品が展示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山県美術館 | Toyama Prefectural Museum of Art & Design

 富山は、今を遡る二十数年前に仕事で来た覚えがある。なんか漁港絡みだったはず。ん?釜石と混同してるかな。でも鮒寿司じゃなくて鱒寿司を帰りの電車で食べた気がするぞ。仕事が長引きその日の内に家に帰り着けなかったんじゃないかな。  今回そんなに鱒寿司推しは出てこなかった。しらえびの方が目についた気がする。  駅に降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諸橋近代美術館ツアー(Active Resorts 裏磐梯)

 ダリの所有数で国内随一を誇る諸橋近代美術館。HPを覗くとその建物もあまりにフォトジェニックでいつか行ってみたいものだと夢見ていた(大げさな)。で、夏休みを先取りして(また取るけど)一泊旅行でちょっくら行ってみるかな、そばにある Active Resorts 裏磐梯で温泉にも浸かれるしと段取りをしていた。  ところが宿の予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展(佐川美術館)

 渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムに行き損ねたので巡回先の滋賀まで追っかけてみたよ。 また来ちゃった pic.twitter.com/XWbKUuu2Tu— 少佐 (@major9696) 2018年4月22日  確かに変だったルドルフ二世。なかなか面白い人だね。ヴィスコンティ映画のルートヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲイシャを自家焙煎してみた

 マニアに話題のコーヒー豆ゲイシャ。普通の豆よりも桁がひとつ違う。値段が10倍の食材は10倍おいしいかといえばそんなことはなく、モノの値段とは需要と供給バランスで決まるもので必ずしも味とはあまり関係がないのはよくわかっている。でもコーヒーマニア、グルメの端くれとしては気になるじゃないか。  仕入先はいつもお世話になってるワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の京都ツアー2018(北野天満宮&石山寺&びわ湖大津プリンスホテル)

 行ったのは2月末。ずいぶん遅くなってしまった。  今回のメインは久しぶりの石山寺とびわ湖大津プリンスホテル。その前に年中行事の北野さんにも寄ってきた。そしたら…  そうなんだよな、長五郎餅は土日しか境内に出てないんだよ。数年前にもこれくらって痛恨の一撃だったよ。ま、本店行って事なきを得たけど。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

名古屋プリンスホテルスカイタワー

 先週金曜に京都に行く用事ができたので、帰りすがら名古屋によることにした。目的は長年行きたかったメナード美術館訪問である。で、この際だから最近出来た名古屋プリンスホテルスカイタワーに泊まることに。さあ自分にご褒美だご褒美ばっかりですかそうですか。  名古屋駅から少し離れている。徒歩だと20分弱。うーむ、ひと駅だが電車に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エムケー精工 小型精米機 RICELON ライスロン SM-200W ライスホワイト

 おいしいごはんにこだわる人は、玄米を購入し、都度近所にあるコイン式の精米機などを利用して精米したての米を楽しんでいるのは知っていた。かなり興味を惹かれたが、うちではそこまでの消費量はないので見送ってきた。  そこに現れたのが小型家庭用精米機! その名もライスロンとコポンの二種。両者の違いはライスロンに「無洗米モード」が付いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェスティンホテル仙台

 弘前駅から新青森駅に出てそこからはやぶさ(今回は普通車両)で仙台駅へ。いよいよ来たよ。ウェスティンホテル仙台。なにせ街で一番高いビル。仙台駅からすぐ見える。これは迷わずに済むなと思ったらやっぱりちょっと迷った orz  チェックインすると、受付のお姉様から「Wi-Fi接続もVODも(本来有料だが)会員様は無料でござい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽三味線ダイニング『響』@弘前パークホテル

 今回のお宿、弘前パークホテルでは、朝夕食かつ夕食は津軽三味線の生演奏ショー付(30分)というプランを利用させてもらった。食事はかご膳なる郷土料理(懐石が一つのかごにのってるイメージ?)でのおもてなしである。これかなりお得じゃないかな。  演奏は19:00から。世界大会三連覇!とご紹介され葛西頼之さん(お店のHPでの演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランクラスで東北旅行再び

 気が向いたときにいつでもふらっと旅に出れるのが自由業のいいところだ自由業じゃないけど。今回は夏のツアーと真逆、二年ぶり二回目の東北遠征。何があるかといえば、青森県立美術館ではシャガールのアレコが全作揃い踏み、弘前城では紅葉ライトアップ。大きくはこの二点。  十和田市現代美術館も気になるのだがなにせ遠い。寄っていくには…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒壁スクエア

 びわ湖大津プリンスを後にしてさてどうしようか。滋賀の観光地もあれこれある。興味惹かれたのがミホ・ミュージアム、佐川美術館、そして黒壁スクエア。それぞれ場所がてんでんばらばらでクルマなしで行くには不便すぎる。美術館のハシゴは体力的にも精神的にもキツイのは経験上わかっているので、佐川美術館と前から興味があったガラスの街黒壁にした。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

びわ湖大津プリンスホテル

 3連続ホテルレビューw。さて今度はどこの高級ホテルに泊まろうかなとアンテナを立てていたところ、コロコロさん から「びわ湖大津プリンスホテル」の情報を得た。  滋賀のホテルは、だいぶ前にハイシーズンで京都で宿が取れない時に数回利用したことがある。滋賀県は京都駅から10分で行ける隣の県だから大阪に行くよりもよっぽど近い。関…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンテルーム京都

 ちょっとひさしぶりのアンテルーム京都。あら?お姉さんが座ってる。 ふと気づけばなんか安室ちゃんに似てるな。 ちょうどこの日引退宣言したばかりだったんだけど。  最近、超デラックスなホテルを見慣れてしまったせいか、最初来た時はなんておしゃれなホテルなんだろうと思ったけれども今にしてみればやっぱり元々予備校の学生寮だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三井ガーデンホテル大阪プレミア

 このツアー最後の高級お宿。プレミアの名前に惹かれて取ってしまった。普段ならまず選択しない値段だが、月洸樹の後ではなんとも感じなかった(危険な兆候だな)。  小倉から新幹線で新大阪駅。梅田に戻る。大阪駅から出ているシャトルバスは便利だけど、同時にドカッと客が入るのでチェックインに時間が掛かるというのは迂闊であった…。後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒川温泉御処 月洸樹(お食事編)

 (お部屋編から続く) お食事は、来るときに寄った食堂か、お部屋か食べるところを選べる。仲居さんたちがいちいち運んで来るの大変そうだったが写真も好き勝手撮りたかったので部屋でとることにした。ずっとバシャバシャ撮ってたら周りも迷惑だもんね。  料理が運ばれてくるたび板前さんが一品一品説明してくれる。  前菜的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トタン屋根のケーキ屋 ア・ラモート

 夏休み中たまたま夕方のNHKで紹介されたのを見た。自転車で出前販売をする熊本のど根性パウンドケーキ屋さん。店を出して独立する時に助けてくれた恩人との約束を守り続け、もういい歳なのに一日何十キロも熊本中を走り回る?! 見ていて呆れてしまった。  あれ?でもおいら今度熊本行くじゃん。ググってみたら寄れそうなので熊本城・熊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌(ポーラ美術館)

 ピカソとモディリアーニ、ピカソとクレー、ピカソとマチス、ピカソとヒソカ(これはないか)…ピカソと同時代の画家でタッグを組む企画展はぼちぼちあるが、ピカソとシャガールは世界初(HPより)らしい。でもいつでもピカソの名前の方が先にくる力関係はなんなんだ。  と言いつつ、私にしてもこの企画展を見る前も見た後も、結局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホキ美術館「心ゆさぶる写実絵画 -今を生きる日本の作家たち」

 ちょっと久しぶりなホキ美術館。「心ゆさぶる写実絵画 -今を生きる日本の作家たち」の最終日に滑り込んできた。まあ普段通りの展示なんだが、「展示作品を作家年代別にご紹介」が今回のコンセプトとのこと。(なんかこの後全国巡回するみたいだ)  こちらに収容される画家は、多くの人が連想する「スーパーリアリズム」とは一線を画し、自らを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土木展(21_21 DESIGN SIGHT)

 其一展の後(9/17)、すぐ側で開催されていたので寄ってみた(もう終わっちゃったスマソ)。ブログやポスターで見かけていて、なんだかよくわからなかったが、行ってみてもなんだかよくわからなかったw。最近ドボジョのみなさんとちょとお近づきになる機会もあったので、今度聞いてみよう。あんまり関係なさそうだけど。  そばに吾亦紅(ワ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more