『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』(島津 清彦)

 仏教の教えってなんでこんなにビジネス要件に合うんだろうね。無限大宇宙のことを提示するかと思いきや、実はとにかく現世ですぐに役に立つことばかりを説いてくれる仏陀様。

人間の心を苦しめるのはほとんどが過去や未来のこと、そして物事に執着する心

 仏教の教えの基本はこれに尽きるんじゃないかな。すべての悩み苦しみはひとの頭の中にしかない、あなたが勝手に作り上げたもの。ただあるがままにそれを受け止めてみれば道は開ける。

 スティーブ・ジョブズなんかで有名な「コネクティング・ザ・ドッツ」というのがある。既知の知識やファクトはそれだけでは「点」に過ぎず、それらを結びつけることで「点」は「線」になり新しいクリエイティビティーが生まれる。これはつまり仏教思想の「空」に近いんじゃないか。

いったん手放して、その人の仕事ぶりや能力、スキル、強み、実績などを冷静に書き出して、客観的に見つめてみて

離見の見

 本来それは物事を良い方向へ導く考え方だが、同じ事物でもそれを見る人が悪意で結びつけることにより逆に煩悩を生じさせてしまう危険も裏腹に持っている。いや善悪で切り分ける必要もないのかな。南無。

休むためなら、辞めるためなら、あなたの心身を守るためなら、思い切り嘘をついて覚悟を決めてはっきりと強い口調で断りましょ

 日本は仏教に多くを負っている国なのに、なんでこういうのが出来ないんだろう? アサーティブさがほんとに苦手。本当のことを言えばいいだけなんだよ、辛いですとかしんどいですとか。

一番いけないのは相手を全否定して、白を黒に変えてしまおうという 傲慢

互いに敬意を持って、互いの強みを理解して、調和させながら最高のチームづくりをすると、最強の「自然体」チームが完成する

 こういうのをダイバーシティという。多種多様な集団における各人の持ち味・強みの掛け合わせ。「女性活躍!」とか「マイノリティー人権!」もいいけれど、そうしたひとたちの強みをいかに引き出すかを考えないとただの慈善活動だ。それはそれでいいけどさ。


翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅 - 島津 清彦
翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅 - 島津 清彦

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント