『ブッダの集中力 役立つ初期仏教法話』(アルボムッレ・スマナサーラ)

 このシリーズ、Audibleが定額聴き放題だった頃ちょくちょく聴いていた。コイン制になって気軽に聴けなくなったが、Kindle書籍版はほとんどがUnlimitedにも入ってるので読んでみた。

 仏陀の始めたオリジナル仏教は当初世界宗教ではなかったが哲学であり科学であり、実践的なハウツーでもあった。マインドフルネスなんてその典型だ。
 
 お釈迦様は対話を行い常に答えを与えてくれる。「おお、神よ、なぜ私にこのような試練をお与えになるのですか?!」という切なる問いに沈黙で返すなんてことはしないのだ。(他宗教もそんな上っ面の話ではないのだろうが、考えてみりゃひどい話だ)

 最初アルボムッレ・スマナサーラ尊師のお話は、テレビショッピングとかの批判に終止しどうなることかと思ったら、一神教の原理主義や宗教を騙ったマインドコントロールへの注意喚起や批判に繋がっていった。唯一絶対の教えのためなら人の命を奪うことも辞さない!なんてほんとの宗教じゃないでしょ?ということだ。

 更には苦行などで得られる神秘体験も否定される。瞑想にもいろんなレベルがあるのだろうが、悟りを開くのを目的とまでせずとも、一般大衆が心と体の健康増進目的で取り組んでもお釈迦様は全然オッケー!と言ってくれると思う。私のような煩悩まみれも救って頂けるのかな(´;ω;`)

本書でかんたんに「集中力」を育てる方法として紹介したこと、また四六時中、「集中力」がこころから離れない方法として説明したことは、いたってかんたんに理解できると思います。それは「こころを清らかにしなさい」ということです。 言いかえればこころの汚れを、いろいろと工夫して落としなさいということ

 これ「こんまりメソッド」なんだよね。アンチこんまりの人が主張する「乱雑さの中からクリエイティブが生まれる、片付けなんてクソ喰らえ、私のものを捨てないで!」は大いなる勘違いだ(ものが売れなくなることに恐れる妨害工作?)。あれは、「心が」とっちらかっていて清らかになれない、「ときめかない」ものに囲まれていることに悩んでいる人たちへの療法なのに。散らかっている部屋で心の安寧が得られるのならそのままでよろかしかろう(知らんけど)。

 ことあるごとに書いているが目下の私が困っているのは集中力が続かないことである。これは体力の低下も影響しているんだろうがITの発達により元から持っているマルチタスクな性分に輪をかけている。マルチタスクの良い所もたくさんあるにはあるのだが、集中力は思わぬ力を出す利点がある。それを会得したいとあれこれ参考図書を読んでいる。そんな暇があるなら瞑想しろというのは大きなお世話だ。

 集中力を出すのに苦労するのはニンゲンだけかもしれない。野生動物のことを考えてみよう。彼らが獲物を仕留めようとする時これ以上ない集中力を出す。彼らの頭には失敗を恐れるプレッシャーなんてものはないんだろう。人間がプレッシャーというものを感じるのは想像力があるがゆえ。つまり、プレッシャーとは具体的には上司だったり鬼コーチだったり監督だったり応援してくれる周りの人間などへの配慮。彼らを期待を裏切ってしまったら怒られちゃうよ、失敗したらどうしよう。こんな邪念が頭に浮かぶのが人間様だ。(逆にその未来を見る想像力があればこそニンゲンは野生動物にない独自の文明を築けたのだが)

 その点、野生動物には上司もいなければ(過剰なほど)応援する仲間もいない。強いて言えば巣でお腹を空かせてお口をパクパクさせて待っている子供たちのことが脳裏に浮かぶかもしれないが、それがゆえに狩りに失敗するということはあまりなさそうだ。

 その一方で、同じ動物でも捕食される側の草食動物は常に周りの状況に敏感になっている。もし何か一つのことに集中して周りのことが目に入らなくなったらたちまち捕食者に食われてしまうから。してみるとニンゲンが(私が?)マルチタスクで困るのは、捕食される動物のように、常に恐怖心から周りにアンテナを張っているということか。早く肉食動物になりた~い!?

 どうも集中力にはベクトルが正反対のものが二種類あるようだ。すなわち、周りの気配に気を配るのも集中力と言っても差し支えはあるまい。HUNTERXHUNTERに出てくる念能力の「円」のような。拡散的集中力?


 このシリーズいい本なんだけどよくわからないのはこれアルボムッレ・スマナサーラさんというインド人が書いてるの?文章は丸っきり日本語ネイティブだが。日本生まれ?(ではないみたい) 語ったことを誰かが訳してる?












ブッダの集中力 役立つ初期仏教法話
サンガ
2014-07-13
アルボムッレ・スマナサーラ


Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック