新・北斎展 HOKUSAI UPDATED(森アーツセンターギャラリー)

 連休の中日とはいえ夜なら空いてるかなと行ってみたら入場80分待ちかよ!(訪問日2/10) カフェマックで時間を潰し、一時間後に来てみてもまだ40待ちとか。 これ以上待っても仕方ないので突入。前売り券買ってたのに当日券を買う人達と同じように列に並び同じ時間待たされたのはなんか納得いかないな。あべのハルカスは分けてたのに。

 ちなみに飲んだのはこれ。せっかくギロッポンに来たのでこれはチャンスと試したがそんな大したことなかった…




 永田コレクションってすごいんだな。北斎初期のものも多く保存状態は古いが、見たことない作品ばっかり。島根県立美術館で長期シリーズとしてお披露目されるそうだ。行きたいけど遠いなあ〜。





 見ものはシンシナティ美術館からやってきた「向日葵」。こういうのたしか鈴木其一も描いてた。ひまわりを題材にするのは珍しくなかったのかそれともどっちかがパクったか。

 題材はともかくいずれもなにか神性を匂わせる立ち姿。薄赤紅色の花びら。なんで黄色でないのか。花の中央は電球みたい。でっかい真珠のような。パワーボール? いや人の心を映し出す鏡? どういう経緯で描かれたんだろうか。

 江戸の頃、基本的には絵は受注生産品で、近代画家のように気まぐれで画題を決めて趣味で描くとか出来たとはあまり思えない。

 例えば蛸だけ描いた絵とかもあり、「北斎はん、ひとつタコ🐙の描いてもらえるかのお〜」とか注文されるのか??🐙

 そんなことも想像しながら鑑賞すればまた愉しめる(?)

 子供の雑誌の付録に付いてきたような紙製のジオラマのでっかい版も(撮影可)
画像












タコの才能 いちばん賢い無脊椎動物 ヒストリカル・スタディーズ
太田出版
2015-03-27
キャサリン・ハーモン・カレッジ


Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック