『日本人の英語勉強法 なぜ日本人はこんなにも英語ができないのか?』(ジェームス・M・バーダマン)

 フルタイトルは『在日39年、7000人の日本人を教えてわかったこと 日本人の英語勉強法 なぜ日本人はこんなにも英語ができないのか?』(ジェームス・M・バーダマン) 長くて標題に収まらない…。

 『英会話不要論』と同系列の本。ゆとり教育以降、文科省の英語教育方針が、文法重視・暗記中心から(お気楽な)会話志向にシフトしたせいで外人さんの前でも物怖じはしなくなったがよく内容を聴けばなにしろ中身がない…。現状日本人の英語力はこんな状況らしい。

 でも文科省としてみたら
 「英会話重視しろっていうからそうしたのに…」

 そしたら有識者の方々が
 「いやいや、学校の授業時間だけじゃ足らないよ。日本にいたら中身のある英語を話す機会がないから上達しないんだ!」

 それを受けて
 「そんじゃ普段から使うようにうちの会社の公用語を英語にしてみよっかな」

 という会社が出てくると
 「もっと日本語を大事にしろ売国奴(-_-x)凸!」
 と謗られる。

 …いったいなにがしたいんだジャアパニィーズピーポー!!(なんとかジェイソン?) まあここまでたかが英語に悩みまくっている国も世界でも稀に見るだろうなあ。

 もっともこの著者も企業の英語公用語施策には反対の立場のようだ。私は別にひとつの企業のトップがそういう方針を出すのは勝手だし、効果もあるだろうと思うんだけどね。それくらいしないと追いつかないもん。

 そんなこんなで著者はあれこれと英語にまつわる「俗説」を一刀両断していく。

 「日本人は読み書きはできるが会話ができない」
 →もともと大して出来てやしなかったってば。そしてまだ多少出来ていたはずの「読み書き」も近年ますます落ち込みが激しい。

 私自身は若い学生さんと知的レベルを要求されるコミュニケーションを取る機会もそんなないので、実感として「そうなのかな~?」くらいにしか思えない。ただもう今のデジタルネイティブ世代と旧人類(かつては私のひとつ上の世代も「新人類」と呼ばれたんだけどねえ┐(´д`)┌ヤレヤレ)育ってきた環境が違い過ぎるので、過去のメガネで彼らを見たところで果たしてそれは未来に向けての正当な評価なんだろうか?とも思ったりする。はめるスカウターの更新も求められるのではないか。擁護し過ぎかな。

 すべてを学校のせいするのもどうだろう? よく言うんだが、学校の勉強だけで生徒が外国語が話せるようになる国ってあるのだろうか? (中韓は成功してる数少ない国だと思うがちょっと気合の入れ方が別な気はする)。

 日本にいる日本語がお上手な外国人の方々も別に母国の学校で日本語を勉強してたからではなく、たいがいはみな自力で努力してしゃべれるようになっているのだ。自分たちで頑張ろうよ。


★本の中で著者が英語学習サイトとして紹介してくれたNHKのABCニュースシャワー動画配信サービス。知らなかった! これは良いです!
http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/abc/index.html












日本人の英語勉強法
KADOKAWA
ジェームス・M・バーダマン


Amazonアソシエイト by 日本人の英語勉強法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック