原谷苑の桜 2014

画像


 桜の京都に来たのももう十年ぶりほどである。京都にいる間、たいがいの名所には足を運んだが、まだまだ未踏の地はあるものだ。その名を聞いたのはもういつのことか忘れた。長らく行きたいと思っていた知る人ぞ知る名苑。ようやく参上仕ったぞ原谷苑(4月17日撮影)。


画像
 北大路駅からバスに乗り約20分(あんまり本数はないよ)。入口より小山を登っていく。


 ここはお寺とかではなく、個人の造園なのだ。人工桜林であるところはどことなく多摩森林科学園を思い起こすが、あそこと比べて規模は小さいものの、その桜密度たるや特筆すべきものである。
画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像
 花桃も最盛期である。


画像



画像



画像



画像
 六義園のイメージから枝垂れ桜は早咲きみたいに思っていたが、どうも遅咲きもあるようだ。八重の枝垂れは遅いということなのかな?


画像



画像



画像



画像



 腹減ってきたので大福餅食った。
画像



 ここで買ったのさ。お隣には宴会のできる小屋もあった。ライトアップはしないと思ったんだけど。
画像



 腹ごしらえして更に山をズンズン登って右に折れるとこの後行こうと思っていた御室桜があった! 仁和寺行く必要がなくなっちゃった(行ったけどさ)。
画像



画像
 標高が高い分だろうか、後で見た仁和寺の御室桜よりも満開でよく咲いていた。


画像



 これは黄桜 呑!
画像



画像



 さ、私の京都は今始まる。
画像












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年04月23日 20:12
待ってましたよ~。
雅ですねぇ。
葉を知った桜は、いっそうたおやかな感じがします。
どの写真も、アングルが新鮮で感心しました。

御衣黄は見たことがありますが、
黄桜のほうが上品ですね。憂いがあって好きです。
呑むのは、もっと好きだけど。
少佐
2014年04月23日 21:49
七海さん
葉を知った桜…なかなか深い見方ですね。ま、この雅さは庭園主のお手入れの賜物なんでしょうね。まさに桜のすだれかな。
仁和寺で見た御衣黄はまたうpします。山ほど撮ったから桜の写真でアップアップです~。

この記事へのトラックバック