アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「京都」のブログ記事

みんなの「京都」ブログ

タイトル 日 時
京都の梅 2017
京都の梅 2017  冬はつとめて。きさらぎの京の都は極寒の中訪れる人もまばら。宿も空いていてデラックスな部屋も廉価で泊まれる。道は渋滞もなく快適な移動。そんな中で存分に梅の花を独り占めできる至福の穴場季節であった。ああそれなのに。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/04 13:06
デトロイト美術館展(大阪市立美術館)
デトロイト美術館展(大阪市立美術館)  クソ暑い中また来たぜ大阪市立美術館(8/18来訪)。一年ぶりなのか。そして大サプライズが待っていた。なんと、曜日限定だが全作品写真撮影可能! 一部SNS掲載不可作品もあったのはなんなんだろ。画家の意向というよりは、利権が絡むんだろうなあ。今後売りに出す? 掲載不可作品とされたものには、頽廃美術とナチスに烙印を押されたドイツ人作品がなぜか多かった。ピカソにも多かったのはやっぱりオークションを意識したものかな。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/09/11 19:56
京都嵐山花灯路 2015
京都嵐山花灯路 2015  あり? もしかしてもう4年ぶり?花灯路。訪れたのは12/11。「フェルメールとレンブラント展」に行ったのは翌日のこと。だいぶたってしまったし順序も違うが一応記録として載せておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/27 12:50
三室戸寺のあじさいと宇治創こころ 2015
三室戸寺のあじさいと宇治創こころ 2015  去年蓮を見に来て以来か。あじさいは5年ぶり。6/2午後より京都に滞在し、いったん東京に戻るつもりであったが諸般の都合で週末も居座ってしまった(ここの撮影日は6/7)。戻った時に一レフのカメラを持ってこようと思っていたので、手持ちはコンデジのみである。せっかくの5年ぶりのあじさいなのにちょっともったいないことをしたかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/20 13:54
上賀茂神社の斎王桜 2015
上賀茂神社の斎王桜 2015  だいぶ前に梅の花を見に来た記憶はある。しだれ桜も有名だということで、雨の中駆けつけた。今年はもう雨に祟られてばかりで、せっかく晩春の京都に間に合ったのに、ロクに回れなかった…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/22 22:09
北野天満宮の梅 2015
北野天満宮の梅 2015  ここのところ梅の季節以外にも訪れていた北野さん。梅の記事は二年前なんだな。やっぱり春はここから始めないと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/08 22:15
醍醐寺ライトアップ 2014
醍醐寺ライトアップ 2014  東京に帰ってから来るのは初めてかな? かの枝垂れ桜の時期が有名なので紅葉の時に来ること自体はじめてなのかも。しかし今年はライトアップがあるとの情報を得、寄ってみた(これは12/7の様子) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/23 16:52
直指庵の紅葉 2014
直指庵の紅葉 2014  一昨年以来の直指庵。今回は出遅れてしまったが(この記事は12/7の様子)、逆に敷き紅葉を堪能できるかなと期待して敢えて攻めてみた。しかし結果はダブルショック…orz。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/17 22:20
毘沙門堂紅葉ライトアップ 2014
毘沙門堂紅葉ライトアップ 2014  京都で撮ってきた紅葉写真がだいぶ溜まってしまった。ぼちぼち上げていこう。こちらは11/26の様子。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/14 14:42
ホイッスラー展(京都国立近代美術館)
ホイッスラー展(京都国立近代美術館)  ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(1834-1903)とは、アメリカで活躍したアメリカ人画家だという認識でいたが、活躍の場は主に欧州であったことを知ったのはつい最近のこと。一般にはヨーロッパ画家として括られてるのか。だってアンドリュー・ワイエス(1917-2009)あたりと被らない?(今回調べてみたらホイッスラーの方がずっと先輩なのか) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/28 21:53
三室戸寺の蓮 2014
三室戸寺の蓮 2014  あじさいの名所として知られる宇治の三室戸寺。2010年にあじさいを見に来た来たのが最後のようだ。実は蓮の名所でもあり、前回は2009年に訪れている。ちょうどD5000を買った直後だな。5年ぶりに図らずもまたD5300の試し撮りで来ることになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/03 17:40
妙心寺 退蔵院の蓮 2014
妙心寺 退蔵院の蓮 2014  法金剛院の後に訪れたのはこれまた5年ぶりである妙心寺。5分程度で歩けるのでセットで詣でるのがおすすめである。なにかとデジャヴな感じであったが、ここまで同じことが起こるとは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 22:16
法金剛院の蓮 2014
法金剛院の蓮 2014  実に5年ぶりに来た蓮のジャングル。久しぶりには訳がある(これまでうまいこと出張が入らなかっただけだけど)。実は一レフを新調してしまったのだ。試し撮りにもってこいのこの美の極致。いかなる新境地を私に与えてくれるのか Nikon D5300 よ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/31 21:53
仁和寺にある "不法占拠" タイプのトイレ
仁和寺にある "不法占拠" タイプのトイレ  先日仁和寺で桜の撮影をした時、スマホで写真の編集をする際にどこか暗めのところがないかな(陽の光がジャマで画面がよく見えない)と思ったところ、あそっか、トイレの個室があるじゃないか、とちょっと籠もった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/30 23:42
六孫王神社の桜 2014
六孫王神社の桜 2014  いくら超満腹に食べても翌日目が覚めると腹が減っているものだ。昨日は平野神社で締めくくった桜紀行も、翌日もう一軒寄りたくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/27 17:30
平野神社の桜 2014
平野神社の桜 2014  去年以来の平野神社。あの時はまだ桜開花以前であった。今年は散り際…。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/27 16:10
千本ゑんま堂 引接寺の普賢象桜 2014
千本ゑんま堂 引接寺の普賢象桜 2014  仁和寺の後、以前 Twitter でふと流れてきた普賢象桜に惹かれてやってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/04/27 15:21
仁和寺の御室桜 2014
仁和寺の御室桜 2014  原谷苑から仁和寺へは30分弱で歩けるらしい。駐車場には後から後から観光バスやタクシーが乗り入れごった返してる。タクシーも考えたがあの長蛇の列では30分近く待ちそうだ。意を決して歩くことにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/04/25 23:16
原谷苑の桜 2014
原谷苑の桜 2014  桜の京都に来たのももう十年ぶりほどである。京都にいる間、たいがいの名所には足を運んだが、まだまだ未踏の地はあるものだ。その名を聞いたのはもういつのことか忘れた。長らく行きたいと思っていた知る人ぞ知る名苑。ようやく参上仕ったぞ原谷苑(4月17日撮影)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/21 21:54
北野天満宮の紅葉ライトアップ 2013
北野天満宮の紅葉ライトアップ 2013  また京都の紅葉の記事に戻る。光明寺に続いて、帰り道なので長岡京天神に寄ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/18 22:13
光明寺(長岡京市)の紅葉 2013
光明寺(長岡京市)の紅葉 2013  去年直指庵の後に寄ろうと思っていたのだが、時間切れ&疲れてしまい見送った京都の紅葉名所寺。いやはやまだまだあるものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/14 20:51
京都五条坂陶器まつり 2013
京都五条坂陶器まつり 2013  前回来たのはもう4年も前のことなのか。京都の夏の風物詩。たまたま出張のタイミングが合ったのでなんとか駆けつけることが出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/09 23:08
ゴッホ展 -空白のパリを追う-(京都市美術館)
ゴッホ展 -空白のパリを追う-(京都市美術館)  全開の京都出張中にふと見かけた「ゴッホ展」のポスター。え? こんなのやってたの? そういえばちょっと前にそんなのハウステンボスでやってたな。長崎まで見に行こうかと思いかけたやつだ(けっきょくすぐ忘れてしまったけど)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/26 14:33
開花前の八坂神社の桜 2013
開花前の八坂神社の桜 2013  (ちょっと前後するけど徳島の大塚国際美術館へ行った後の話。ちょうど今頃は八坂さんも満開になってるんじゃないかな)。ワークとライフはバランスしなければならない。二時間半掛けて徳島から高速バスで帰ってきた後また新幹線で二時間半掛けて家に戻るのも辛いので、もう一泊してやったぜ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/04 22:01
京都御所の梅 2013
京都御所の梅 2013  なんか彩季堂さんとリレー更新のようになったが(笑)、北野天満宮の梅に続いて行った京都御所の梅レポートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/03/30 11:44
北野天満宮の梅 2013
北野天満宮の梅 2013  これまた二年ぶりかな。そんじょそこらの梅とはまとうオーラが違う北野さん。今年は無事参ってまいった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

2013/03/17 22:06
関西のイルミネーションあれこれ 2012
関西のイルミネーションあれこれ 2012  神戸のルミナリエ以外それほどイメージなかったが、最近は力入れてきてるみたいだね。出張ついでにざっと回ってきた。節電はどこへ行った?とはいえ、たいがい自家発電でやってるはずだからあんま関電とか関係ないんだろな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/22 14:52
南禅寺 天授庵の紅葉ライトアップ 2012
南禅寺 天授庵の紅葉ライトアップ 2012  長々続けてきた2012年の京都紅葉シリーズもようやく最終回である。随心院を後にしてこの夜最後にやってきたのは南禅寺の天授庵。この辺では永観堂が最も有名であろうが、ここも負けてはいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/15 21:48
随心院の紅葉ライトアップ 2012(ジオラマ編)
随心院の紅葉ライトアップ 2012(ジオラマ編)  特にコメントも不要だろう。さあ夢の中へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/12 21:55
随心院の紅葉ライトアップ 2012
随心院の紅葉ライトアップ 2012  小野小町で有名な随心院は梅を愛でに来たことはあったが、この季節に来るのは初めてだ。紅葉のライトアップをしていた認識がなかったよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/09 20:43
直指庵の紅葉 2012(ジオラマ編)
直指庵の紅葉 2012(ジオラマ編)  お約束のジオラマ編。パラレルワールド風に。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/05 20:47
直指庵の紅葉 2012
直指庵の紅葉 2012  もう三年前か。前回行って大感銘を受けた直指庵。だがあの時はやや曇り空で強烈な採光に欠けていたのが唯一の心残り。臥薪嘗胆を果たすべく、向かった三連休最後の嵐山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/04 23:19
実相院の紅葉(手前) 2012
実相院の紅葉(手前) 2012  三年ぶりの実相院(結構前だったのね)。前回は薄暮の中途半端な時間に来て忸怩たる思いをした。今年はライトアップしないみたいだ。どこまでもいけずぅ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/17 21:19
大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年(京都市美術館)
大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年(京都市美術館)  月曜日(11/5)の出張仕事を利用した久しぶりの関西遠征である。どちらも再訪になるが、ちょうどまだ開催されているマチスとフェルメールに会いに行った。まずは赤い部屋(赤のハーモニー)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/10 20:44
京都嵐山花灯路 2011(法輪寺 D-K LIVE と巨大行灯)
京都嵐山花灯路 2011(法輪寺 D-K LIVE と巨大行灯)  宝厳院等に詣でた翌々日、仕事が早く終わったので再度嵐山に向かった。チラシを見て見逃したのを知った法輪寺 D-K LIVE を見るためだ。 D-K = デジタル掛け軸といえば、去年都庁で行われたのと同じ物のようだ。建築物が不思議な光の装飾に包まれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/19 21:58
京都嵐山花灯路 2011(竹林と京都駅のクリスマスツリー)
京都嵐山花灯路 2011(竹林と京都駅のクリスマスツリー)  宝厳院より引き返して竹林方面に。野宮神社まで歩く。ちなみにこれフラッシュは焚いていない。ほんと明るく写るねえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/18 20:08
京都嵐山花灯路 2011(宝厳院)
京都嵐山花灯路 2011(宝厳院)  嵐山のライトアップは紅葉シーズンが一段落してからもうひとイベント企画しようということで持ち上がったか知らないが、もう5〜6年は続いているのかな。私が最初にこのブログに写真を載せたのもここであるので、思い入れもちらっとある行事である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/17 22:16
叡山電車に乗って鞍馬温泉へ(11/9/25)
叡山電車に乗って鞍馬温泉へ(11/9/25)  週末一旦東京に戻って再び京都へ。日曜日早めに入ってまた観光。叡山電鉄のぶらり旅。 ほんとはあのイタリア料理店を再訪するつもりだったのだが、(やっぱり)なくなっていた…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/27 23:28
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展(京都市美術館)
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展(京都市美術館)  デルフトからワシントンへ。なんとも便利で贅沢なハシゴw。私もけっこういい加減に美術展は観ているので、二度目に行くと「あれ?こんな絵あったっけ?」というのも少なくないのだが、この展覧会は展示数が少なかったため、ほとんど見覚えがあった。それだけに新たな発見はあまりなかったのだけど、ちょこっと妄想含めて触れておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/24 14:13
フェルメールからのラブレター展(京都市美術館)
フェルメールからのラブレター展(京都市美術館)  「ねえ、これ二百億円って一枚? それとも全部合わせて? フェルメール、テレビでやってたんだけど」 台風による朝からの大雨のため宿泊地から贅沢にタクシーで乗り付けた京都市美術館。開場十分前に到着しチケット売り場に並んだ自分の前にいたおばちゃん二人が係員に聞いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/24 14:05
「空海と密教美術展」(東京国立博物館)
「空海と密教美術展」(東京国立博物館)  ぶつぞう、といえば、どうぞう、とこたえる。はらへった、といえば、なんかくうかい?とこたえる。こだまでしょうか、いいえ、筆の誤りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/19 22:23
アニメ化40周年 ルパン三世展 This is the world of Lupin the 3rd
アニメ化40周年 ルパン三世展 This is the world of Lupin the 3rd  京都駅の「えき」にて。いわゆるデパートの美術館なんだけど、けっこうサブカル系の展示もしてくれる。以前は漫画家の安彦良和さん(「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」描いてる人ね)なんかも取り上げてくれた。今回はルパ〜ン三世三つのテレビアニメシリーズを中心に劇場版、テレビスペシャル等も交えその栄光の歴史を振り返るオタク企画。等身大フィギュアも見逃すな! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/28 11:37
『京都さくら探訪』(ナカムラユキ)
『京都さくら探訪』(ナカムラユキ)  これぞキュレーター。京都在住イラストレーター、ナカムラユキさんの目が選んだ用途別京都のさくら名所を紹介する一冊。単行本より一回り大きいNHKテキストと同サイズのちっちゃい本。一応写真集(付きエッセイ)の部類に入ると思うのだが、どーんとご自分の撮った写真を前に出さない分、人柄が現れているのかな。でも中身は、手作りの詳細な地図、各地のさくらの種類と見頃、お近くの素敵なカフェ…きっちり詰まってますどすえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 11:50
THE GARDEN ORIENTAL KYOTO
THE GARDEN ORIENTAL KYOTO  ふう、長かった京都梅ツアー2011の更新もやっとここまで来たか。締め括りは高台寺そばの隠れ家的イタリアンレストラン。二年前紅葉ライトアップを撮影して彷徨っていた中偶然見つけたお店だ。ずっと気になっていてようやく訪問を果たした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/28 13:54
京都御所の梅 2011
京都御所の梅 2011  京都でもっともお気に入りの場所の一つ。引退したらぜひここで余生を過ごしたいムリですね。テント張って寝泊まりすることすら不可能であろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/28 11:24
北野天満宮の梅 2011
北野天満宮の梅 2011  最後に来たのは09年の秋だったのかな。毎年来るようにしてたけどけっこう久しぶりなのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/27 22:32
梅宮大社の梅宮神苑 2011冬
梅宮大社の梅宮神苑 2011冬  二年ぶりの梅宮大社。「うめみやたいしゃ」だと思っていたら「うめのみやたいしゃ」と読むんだね。バスのアナウンスで気がついたアンナ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/27 20:55
京都府立植物園『花の回廊−第6回早春の草花展−』
京都府立植物園『花の回廊−第6回早春の草花展−』  府立植物園ではこんな催しも。北山門側に温室がいくつも繋げて設置され、中は見事なお花畑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/26 19:26
京都府立植物園の梅と節分草 2011
京都府立植物園の梅と節分草 2011  一年ぶりの府立植物園。あの日は生憎の雨でシーズンオフというこれ以上ないアウェー状態であった。寒かったねえ。大温室ではレンズが曇るし(お陰でよい写真も撮れたが)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/26 15:34
勧修寺 臥龍の老梅
勧修寺 臥龍の老梅  ただいま京都に滞在中。思えば二年前と同じところに宿を取り、二日間の梅紀行の初日は初めて行くところを中心に、翌日は定番を配置する全く同じコンセプトである。手堅いのか進歩がないのか。でもホテルの回線スピードは二年前に比べめちゃ早くなっている。せっかくなので撮って出しで更新しておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/20 21:37
青蓮院ライトアップ 2010
 京都にいる時もポスターではさんざ目にしていたのになぜか実際に行くのは今回が初めてであった。あんまりよく撮れなかったけどとりあえず棚卸し的にうp。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/16 20:45
興聖寺の紅葉 2010
 宇治へ。あまり紅葉の名所があるイメージはなかったが、興聖寺というところは有名らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/13 21:04
東福寺と勝林寺の紅葉 2010
 時を戻して先週回った京都の紅葉ツアーを順にご紹介。東福寺については今更どうこう解説することもなかろう。ピークは既に去り橋が落ちるのではと毎回心配する名所もそれほど混雑なく立ち止まって写真を撮ることが出来た ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/12 16:55
建仁寺にある書(金澤 翔子)
 晩秋の京都行脚。順番としては後なのだが、リクエストが来たのでみんなすっ飛ばして先に記載しておこう。七海さんの記事で初めて見かけ、何かしら心が惹かれた書道家、金澤翔子氏。ググッたところ京都の建仁寺に作品がひとつ飾ってあるとのことで、紅葉刈りのついでに寄ってみた。場所は祇園、八坂さんの界隈である。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/10 22:28
京都大原三千院のわらべ地蔵 2010
 コスモス畑を後にして、二年ぶりの三千院へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/10 20:18
京都大原のコスモス 2010
 踊れ、踊れ、妖精たちよ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/10 16:14
大原山荘 足湯カフェ
 私は足湯ファンである。リフレクソロジーでもメインの足指マッサージもさることながらその前座の足湯も同じくらいいつも楽しみにしている。京都大原に足湯カフェなんてのがあると知ったのは去年の事。以来大原へ足を運ぶこと夢見ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/09 21:16
京都大原の彼岸花 2010
 どうも巾着田の曼珠沙華とはここのところ相性が悪く、撮影に行くタイミングが合わない。それではと京都大原まで繰り出した(もちろん出張のついでだけど)。大原は特別彼岸花の名所という程でもないけれど、確かそこかしこで咲いていたはず。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/09 19:43
三室戸寺のあじさい 2010
 昨年はライトアップだったので、昼間のあじさいは2年ぶりとなる。振り返れば例年6月の最初に訪れていた。すなわち咲き始めの頃である。今回は図らずも最盛期の姿を目の当たりにしたことになるのか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/23 22:04
城南宮の椿 2010
 ここは椿も有名らしい。椿の花は確かに可憐なのだが、どうも花びらがいつも汚れているイメージがあり、これまであまり一生懸命観ることはなかった。しかしここのは名所なだけあってどれもなかなか見応えがあった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/02/26 23:09
城南宮の梅 2010
 けっこう近くに住んでいたはずなのに、京都在住中訪れたことはなかった。京の名所は北に多いため意外と穴場かも知れない。枝垂れ梅の有名な神社。近鉄&地下鉄の竹田駅からバスが出ているが一時間に一本しかないようだ。タクシーもいいが、のんびり歩いても15分程度で行けた。高速の高架下左の道をてくてく辿れば迷うこともないだろう。途中京都南インターのそばを通るのだが、田舎のインター麓には必ずあるといっていい、例の派手派手なホテル街を抜けないといけないのがちょっと恥ずかしいかな(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/25 21:40
石山寺の梅 2010
 梅の名所はかなり回ってきた私にも、未踏の地が滋賀にあった。石山寺である。京都よりJRにて石山駅下車。そこから京阪石山駅で石山坂本線に乗り換え。石山寺駅が最寄りだが、そこから1キロくらいまた歩くので、お寺の前まで連れてってくれるバスの方がお勧めか。私はそばの川でカヌーに興じるみなさんを横目にのんびり歩いて行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/14 10:08
京都府立植物園(2010.2.11)
 京都地下鉄北山駅周辺はおしゃれな京都にあってなおおしゃれな街と言われるハイソな土地(?)。その北山駅前府立植物園は京都在住の頃より行こう行こうと思いつつ、離れてからはなお行きそびれ、ようやく訪問のチャンスに与るも、オフシーズンの雨中という最悪のコンディション。後回しの付けがこうした形で回ってきたのに手ぶらで帰らないところが私の良いところ(?)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/13 20:49
北野天満宮 もみじ苑 2009
 梅の名所として知られる北野天満宮だが、紅葉もまた見事との噂を聞いたのはつい最近のこと。京都出張中、仕事をさぼってふらついてみた。この時期に来るのは初めてかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/13 20:24
京都の紅葉 2009(高台寺、圓徳院、円山公園)
 花はカメラに撮ってPCで見た方がきれいなのに、紅葉の杜は逆にがっかりしてしまう事が多い。ちいさなお花は拡大されて肉眼では見えなかったものに気づくからであり、逆に壮大な景色はちっぽけな画面に押し込められるせいで迫力が奪われてしまう訳か(自分の腕は棚上げ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/05 21:00
京都の紅葉 2009(大沢池、南禅寺、実相院、もみじ電車)
 直指庵の湯豆腐を後にして移動のため嵐山に戻る。大沢池経由だとショートカットできるのだな、という事に帰路気付いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/05 19:48
京都の紅葉 2009(嵐山 直指庵)
 私は京都に文句を言いたい。私が何年この地に通っていると思うのだ。それなのに、まだこんな名所を隠していたなんて(自分の勉強不足は棚上げ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/05 14:41
京都の紅葉 2009(清水寺ライトアップ)
 恒例秋の京都紅葉ツアーシリーズ。京都出張から戻って以来ネットの調子が悪く、遅きに失した感もあるが、ゆっくりと行く晩秋を惜しみ冬将軍を迎え撃つこととしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/05 13:52
京都五条坂陶器まつり 2009
 今年もまたこの季節がやってきた。去年は見送ったが、今年はたまたまタイミングが合い、二年ぶりの闊歩となった。断じて言うが、遊びの計画に合わせて出張日程を決めているわけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2009/08/12 16:19
妙心寺 退蔵院の蓮 2009
 ここ数年の夏の時期、日本ではゲリラ雷雨が各地を襲うことが多くなった。退蔵院での私の場合そこまでの豪雨ではなかったし、二時間ほどで小雨になったあたり、これぞ驟雨と呼ぶべきか。ちなみに、英語の発音上、ゲリラ(guerrilla)とゴリラ(gorilla)の区別はほとんどないからゴリラ雷雨とこれから呼んだら雨もまた楽しくなりませんかうっほっほ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/01 12:23
法金剛院の蓮 2009
 世の中はうまくバランスが取れたものでラッキーが続けばアンラッキーも同じくらい続く。そもそもアラームの時間を間違えて一時間出発時間を間違えたのがケチのつき始めだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/26 12:03
宇治創 こころ
 昼の新幹線で東京に帰るため、三室戸寺を後にして11時前に宇治駅に戻る。昼食には早いがここで食べていった方が良さそうだ。以前訪れた「こころ」という居酒屋風創作料理のお店は確かランチもやっていたはず。でも11時じゃ早いかな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/20 21:19
三室戸寺の蓮 2009
 昨年に引き続き参拝。考えてみればあじさいのライトアップに先月来たばかり。私にとっては花の寺三室戸寺でも、地元の人にはあまりそうした認識がないのか、道中タクシーの運ちゃんに「三室戸寺行ったらお客さんで貸し切り状態じゃないの?」と言われた。いやいや、今は蓮の季節ですよ、ほらほら開門前なのにあんなに並んでる…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/07/20 17:42
ルーヴル美術館展(京都市美術館)
 なかじん訪問後、先日上野で鑑賞した同展覧会を性懲りもなく再度訪問。むろん、何度行っても良いのだが、いかに普段いい加減に絵を観ているかを痛感した。いろいろと再発見。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/07/19 20:52
炭火と天ぷら 割烹 なかじん
 惜しまれつつも諸般の理由で休業となった「なかじん」。先日の CHINON といい、知らぬ間に次々と消えていくお気に入りレストラン。悲観に暮れていた私に思わぬ朗報が届いた。復活である。なかじん店主の奥様も料理人で、以前から別の場所で「うさぎ亭」という店舗を経営されていたのが、これまた諸般の理由で一時休業となったらしい。なかじんはその店舗を転用する形で再スタートすることとなった由。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/19 20:00
四つ葉のクローバー号
 京都ツアーのこぼれ話。今回はほんとにあれこれ幸福な偶然が重なった。日頃の行いがよいとこうも素敵な人生が送れるのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/27 15:50
京都 2009初夏(藤森神社・第一紫陽花苑)
 順序を逆に、第一花苑へ戻る。どちらかといえばこっちの方がバラエティに富んでいる気もするが気のせいかな。猫はいなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/26 23:13
京都 2009初夏(藤森神社・第二紫陽花苑)
 大震災の当日も普通に運行を続けたというお京阪で藤森神社へ。墨染駅で下車徒歩2〜3分。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/25 22:21
京都 2009初夏(東福寺と天得院の桔梗)
 滅多にあることではないのだが、今回の京都出張中に一日オフが取れた。連日遊び呆けてお疲れの折りでも、激務(?)の中のこのオアシスを活用しない手はない。目指すはこれも京都あさじさいの名所である藤森神社。ライトアップ撮影の失敗をなんとしてでも埋め合わさねばならない。三室戸の敵を藤森で討つのだ。と、その前に同じお京阪沿線、秋の陣で消化不良だった東福寺は天得院に寄ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/21 20:45
京都 2009初夏(三室戸寺あじさいライトアップ)
 苦節三年、ついにこの日がやってきた。これまでどうしても出張のタイミングが合わず、三室戸寺のライトアップを逃してきた(休み取って来いよ?)。私がカメラを新調したのも、薄暗闇に浮かび上がるあじさいの情景を収めたいがためといっても過言ではない。さて結果は…(涙)。やはり三脚なしで夜景は無謀であったか。しかも重いから望遠しか持ってこなかったのも致命的であった。まあ皆さんに雰囲気だけでも味わっていただこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/21 12:04
京都 2009初夏(平等院)
 今回の本命三室戸寺に行くついでに寄った10円玉のデザインであまりに有名な平等院鳳凰堂。見慣れないカット割りでお届けしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/21 11:34
京都 2009初夏(平安神宮)
 カメラを持ってきた記憶も記録もないから恐らく三年ぶりくらいの平安神宮。今回ここにたどり着く前にまた一期一会を体験した。神宮に向かって歩いて行くと、色のちょっと黒いアジア系の男性が地図を片手に怪訝な顔をしている。さりげなく通り過ぎようとしたら、「エクスキュズミー?」と呼び止められた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/20 22:20
京都 2009初夏(勧修寺)
 先日箱根のヒーリングパワーでフォースを養い、新たなカメラの試運転も果たし、満を持して京都に来た。遊んでばかりだと思うだろうがその通りである。私は美と共に生きるのだ。ああ睡蓮が呼んでいる急がねばと新幹線を飛び降りた(6/13)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/20 21:45
茶香房 長竹
 京都梅ツアー2009 の締めくくりはここ以外に考えられない(?)。もう何年通い詰めているのか。先斗町にある知る人ぞ知る茶房。私はここでほんものの烏龍茶を教えてもらった。写真を撮るのはそういえば初めてである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/02/23 21:46
梅宮大社の梅宮神苑 2009冬
 とことん梅を載せてきて振り返れば、しおらしく頭を垂れた花よりも、陽光を受けて踊り狂うような姿をどうやら好んで選んでいる。梅の花にディオニュソス的な酩酊と歓喜を感じるのは私だけではあるまいべらんめえ、いやわたし酔ってませんてば、うい〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/22 16:14
北野天満宮の梅 2009
 御所の次は北野天満宮。なんたって長五郎餅を食べないと私の春は始まらない。にしてもこんな暖かい中でこの餅食べたのは初めてだ。調子狂っていけない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/22 15:45
京都御所の梅 2009
 ここは京都で最も好きな場所の一つ。御所内に入らなければ、だだっ広い砂利道の敷地にただ木が植わってるだけなのだが、この開放感がたまらないのだ。いつも地下鉄丸太町で降りて御苑を北上し梅林・桃林を抜け、今出川駅まで歩くことにしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/22 15:27
京都洛西の正法寺の梅 2009
 出張のタイミングがうまいことはまり、2/14−15の二日間京都でゆっくり時間が取れることになった。巷では2月の京都といえばシーズンオフの認識だが、実は美しい梅を愛でる格好の時なのだ。宿も格安、楽勝で取れる。こんなおいしい時季を逃す手はない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2009/02/21 11:28
京都冬の旅 2009(鞍馬温泉とジャンボマックス)
 PARADISOから茶山駅に戻り、今度は叡山鉄道自慢の「きらら」に乗り込み、鞍馬温泉へ。下はこっそり撮った(別にこっそりすることもないが)車内の写真。片側の席が窓際に向いていて、紅葉の時期などはもう最高である(劇混みだけどね)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/07 23:09
京都冬の旅 2009(御会式櫻とイタリア料理)
 早くも今年三回目の京都訪問だが(2月1日)、これまでは仕事だけしてとんぼ返りばかりだった。今回は日曜から前乗りして、つかの間の至福を楽しんだ。土曜日出勤が続いていささかお疲れ気味のところだが、そんなことに負けてたまるか、ってもっと別のことで根性使えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/02/05 22:15
京都の紅葉 2008(天得院、圓徳院)
 これまで紅葉の時期は、仕事で京都に来るタイミングがうまいことはまり(私が都合よく立てているわけではない)、ゆっくり過ごせたのだが、今年は生憎一晩しか時間が作れそうにない。清水や永観堂など繰り返し味わいたい定番は涙をのんで見送ることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/12/06 16:23
大覚寺 大沢池の蓮(京都の夏2008-3)
 退蔵院での蓮の収穫に満足した私は、そろそろ日も高く暑くなる頃なので引き上げようかと花園駅に向かった。だが次の電車まで20分ほど間があるようだ。コンビニで冷たいお茶とおにぎりを買い駅前の石できたベンチで朝食(少し食べてたんだけど朝早かったのでおなかが空いた)。今日は平日、朝っぱらからこれで気分はリ○トラされたおじさんである。そんな私の目に「大覚寺行き」と表示の出た市バスが通るのが見えた。そういえば大覚寺にも蓮の池があるんだな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/09 21:46
妙心寺 退蔵院の蓮(京都の夏2008-2)
 広大な敷地の中に「院」が割拠する集合団地の様な寺院がある。サービス精神溢れる大徳寺など忘れがたい思い出がある。妙心寺もそんな巨大な寺の一つだ。石畳の小道は近隣住民の通り道として日々利用され、すっかり生活に溶け込んでいる。数々の名所を内包する中でも、私は退蔵院の庭園が気に入っていた。何が凄いといって、自分ちの庭に小川引いちゃうんだから(!)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/07 21:26
法金剛院の蓮(京都の夏2008-1)
 釈迦が愛したという極楽浄土の華、蓮。朝陽に透けあたかも中空に溶け出づるかのごとく朧気に移ろう典雅な花片は、この世とあの世を分け隔だつ境界線かと見まごうほど幽玄にして、そばに寄る者を異次元へ誘う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/08/03 16:38
「吟遊詩人ビードルの物語」公開展示@ジェイアール京都伊勢丹店
 やはり私とハリーとは見えない絆で結ばれているのかも知れない。蓮の写真撮影を終え、京都駅に戻った私は、伊勢丹地下の上島珈琲で一息ついた後、宿泊地へ戻ろうとJR駅に繋がる出入り口へ、エスカレーターで階上に登ってきたところだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/03 15:14
三室戸寺の蓮 2008
 三室戸寺さんのHPで、あじさいの他にも典雅な蓮の花が楽しめることは以前から知っていたが、タイミングが合わずこれまで見送ってきた。今年ようやくそのチャンスを得た。事前に調べてみるとどうも蓮というものは午前中の間しか咲かないらしい。仕事には夕方入れば間に合うところを、無理矢理朝イチののぞみに飛び乗り、11時前には門前に立っていた。この行動力、他のことに生かせないものかというツッコミは無用である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/12 15:22
京都の睡蓮(南禅寺・永観堂)2008
 勧修寺を出て地下鉄で蹴上まで戻る。動物園の事故、ほんとだったんだなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/14 21:21
京都の睡蓮(勧修寺)2008
 京都滞在二日目。勧修寺(かじゅうじ)。近くにある随心院には何度も来たことはあるのだが、これまで訪れたことはない。今年の「そうだ京都、行こう」のポスターで見た美しい蓮の池に心奪われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/08 23:21
三室戸寺のあじさい 2008
 ただいま私は京都に滞在中。愛用のノートパソコンも担いできたので、こうしてホテルで更新作業もできる(他にやることないのか?)。あじさいの名所として名高い三室戸寺に詣でてきた。気付いてみれば昨年と同じ日に訪れている。同じサイクルで仕事をしているのだな。だが私は去年までの私ではない。必殺の新兵器を手にしていたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/07 23:26
京都の早春 2008(雪の北野天満宮)
 京都滞在最終日。京都駅からバスに乗り朝イチで北野天満宮へ。やはり梅の花といえばここ。昨日の雪で滅多に撮れない景色を期待して。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/29 22:39
京都の早春 2008(三千院・京都御所)
 宝泉院を去って三千院に戻る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/27 22:05
京都の早春 2008(実光院・宝泉院)
 やや人里離れたところにあるためか、京都在住の頃でも大原へ足を伸ばすことはあまりなかった。このたび急に訪問したくなったのは京都の美しい風景を紹介するお気に入りの写真ブログで見た宝泉院。三千院以外にも名所はあったのだなと今更ながら気がついた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/25 21:38
美術館「えき」KYOTO フランス近代絵画名作展
 知る人ぞ知る京都伊勢丹の美術館「えき」。そのまんまやんけなんてつっこみはさておき、甘く見てはいけません。なかなか通好みの企画をします。今回登場するのがひろしま美術館所蔵品によるフランス近代絵画名作展。ポスターで見たゴッホの絵につられて行ってみましたが、これがあに図らんやかなり粒ぞろいの作品群にお目にかかれました。関西にいらっしゃる方、お勧めです。ひろしま、侮りがたし…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 21:34
京都・嵐山花灯路 2007
 私がブログに写真を貼りだしたのがちょうどこの京都・嵐山花灯路 のレポートからだった。仕事をさぼっての短い間だったため多少欲求不満の残る彷徨だった。しかもその頃東京はまだ温暖だったためコートもなしに凍えながらシャッターを切ったことを覚えている。今年はその反省をふまえ、防寒対策は万全だ。コートは当然。毛糸の帽子に赤いマフラー。ホッカイロも4つ懐に忍ばせた(バカ?)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/16 21:30
清水寺&成就院ライトアップ 2007
 青い鳥はすぐそばにいると思ったのもつかの間、遠くにあってもやはりすごいものはすっごい。スケールや奥の深さを痛感した。やはり清水は別格だ。毎年のように来ているのに、今年はなお美しさを増したように見えた。地元の人によると今年は天候不順で葉の色づきはいまいちとのことだったが、夜だとそれほどわからない。やはり写真を撮るようになってまた見る目が変わったということだろう。ところで、去年書いた記事(英文)を見直してみると、写真撮影行為を随分こき下ろしている。変われば変わるものである(優柔不断なだけ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/02 20:53
京都 2007 晩夏2(東寺ガラクタ市 智積院 うさぎ亭)
 京都グルメツアー二日目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 15:35
京都 2007 晩夏1(ビストロCHINON 鞍馬温泉 長竹)
 年に数度ある京都長期出張シリーズ。夏の名残と秋の予感を期待してグルメと温泉ツアーを楽しんだ。例によって一日乗車券を利用して叡山鉄道各駅停車の旅(急行とかないけど)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 15:15
京都五条坂陶器祭 2007
 京都出張中、忙しい仕事の合間を縫って無事訪問して参りました(どっちが真の目的だか)。毎年恒例で去年もちゃんと行ったのだけど、もうひとつ気に入った物が見つからず、雰囲気だけ味わって帰ってきました。さて今年はリベンジなるか?  *(去年の記事はないので)一昨年の記事はコチラ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 17:16
三室戸寺のあじさい 2007
 再び宇治へ。入梅も近いこの時期、前々から気になっていたあじさいで有名な三室戸寺へ足を運ぶ。いつだか思いっきりシーズンオフの時に来てしまい、なんにもなかったのを覚えているが、今日は違うぜ。まだ五分咲き程度らしいが、最盛期にはたいそうな賑わいとなるらしい。ライトアップもされるので昨日の夜行こうかなとも考えていたのだが仕事で疲れていたので止めた。でもよく聞いたらライトアップは土日だけだった。あぶねーあぶねー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/10 11:51
新緑の京都 2007
 お茶で有名な宇治。不思議なことにそこを流れる宇治川は、晴れていればきれいなエメラルドグリーンを映し出し、余った茶葉を流しているのではという気もするが無論根拠はない。今日は生憎の小雨模様で濁った色をしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/26 18:53
京都の梅 2007
 北野天満宮・京都御所・随心院・詩仙堂・金福寺・神護寺 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/03 16:34
リフレクソロジー初体験
 私は気持ちいいことが好きだ。快楽のためなら手段を選ばない。読書も料理も音楽もサッカーも私にこの上ない快楽をもたらすが故これだけ愛せるのだろう。そして私は常に新たな快楽を求める求道者でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/25 20:13
素料理 虚無蕎望 なかじん(リニューアル後)
 京都至高の蕎麦屋なかじんが最近リニューアルされた。屋号から「石臼碾き手打ち蕎麦」を外し「素料理」と名打つ。曰く、蕎麦にこだわらずあらゆるおいしいものをシンプルに提供する場を目指す。カウンター席も8卓に減らした。もうふらっと来て入るのは不可能かも知れない。行列の出来る蕎麦屋でもなくなるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/08 21:42
『京都 格別な寺』(宮元 健次)
 寺院は決して単なる美術建造物ではない。そこにはそれを建てた人間の怨念や野望・欲望が込められている。神仏は自然に宿るのではなく、人がそれを宿らせるために建立する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/05 21:19
京都・嵐山花灯路 2006(宝厳院)
 京都の観光名所で、桜や紅葉の時期に夜間特別拝観として景観をライトアップする催しはすっかり季節の風物詩として定着した感があります。嵐山近辺の寺院ではそれに賛同する動きがあまりなかったのですが、昨年あたりから独自の試みを始めたようです。去年はスルーしましたが、今年はたまたま出張予定と重なったので、どんなもんかと足を運ぶことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/23 14:09
At Kiyomizu-temple (2006 autumn)
It's late autumn in the late afternoon. I was in a cafe at Shinagawa, one of the state-of-the-art cities in Tokyo. As my job finished earlier than I had expected, I had been searching a place to kill time before moving to the next place. Its sign say... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/02 14:49
京都 ビストロCHINON&鞍馬温泉
 京都が僕を呼んでいる。いや僕が京都を求めているのか。都会の乾いた喧噪で憔悴した僕は、ただ先斗町のざわめきと鴨川のせせらぎが聞きたかった。電子音のない土地へ。人工光のない空へ。近頃僕は京都以外のことを考えられなくなっていた。…ん?箱根はどうしたって? む、昔の話さ。また不思議な出会いがあるかもしれない。そんな気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/17 21:58
Ichigo-ichie in Kyoto
It was in Kyoto on my business trip in autumn. I held there a certain seminar about "How to improve your English business skill" something like that with the foreign instructors for my company. After the seminar, we went to downtown Kyoto for dinner.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/04/04 21:55
『京都名庭を歩く』(宮元 健次)
 思索的な思いが込められた一風変わった京都の庭園ガイド。作者は説く、「庭はその制作者の死生観を語っている」。冥土へ旅立つ準備のため、三途の川を渡る象徴を備えたり、極楽浄土を表す絢爛さを追い求め、何かに取り憑かれたように人は庭造りに励むという。ちょうどエジプトのピラミッドや天皇の古墳のようだ。  数年京都にいて、実は苔寺や桂離宮に足を運んだことがない。理由は事前に予約が必要だからというだけなのだが、この本を読んで京の庭の基本形が桂離宮にあると聞いては随分惜しいことをしたと感じた。  個人的には... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/02 23:24
虚無蕎望 なかじん & 喫茶 六花 京都の秋 2005
京都の秋 2005(グルメ編) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/23 14:13
何有荘 善峯寺 十輪寺 京都の秋 2005
 出張に引っかけた年に一度の京都紅葉旅行。昨年は夜行ったので今年昼間の景色を楽しみにしていた何有荘。辿り着くと門が閉ざされ「公示書」が貼ってあった。へ?公示書って言ったら破産→財産差し押さえの定番パターンじゃないの。こんなとこつぶれるのか?  後にインターネットなどで調べると、どうもごちゃごちゃあったようです(http://yaccyann.sakura.ne.jp/kaiuso/21.html)。急に一般公開したり考えてみれば妙な動きをしていたわけです。また見れるようにならないかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/20 22:43
京都五条坂陶器祭 2005
 毎年お盆の時期に開催される陶器祭り。京都在住の間は必ず物色に行ってました。去年は仕事のスケジュールが合わず寄れませんでしたが今年はしっかりまわってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/11 20:35
仁和寺、竜安寺、大徳寺(2003春)
(2003年春、まだ京都に在住していた時の観光記録です) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/12 23:12

トップへ | みんなの「京都」ブログ

少佐の記憶-Memoirs of a major- 京都のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる