アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「温泉」のブログ記事

みんなの「温泉」ブログ

タイトル 日 時
岡田美術館 ―生誕300年を祝う― 若冲と蕪村 江戸時代の画家たち
岡田美術館 ―生誕300年を祝う― 若冲と蕪村 江戸時代の画家たち  今年の3月以来になるのか。(何度も書くが)東京都美術館での悪夢を払拭するために改めて若冲を鑑賞に来た。言うほど若冲多くなかったけど(ボソッ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/30 14:00
新宿歌舞伎町の温泉:テルマー湯
新宿歌舞伎町の温泉:テルマー湯  どうして平たい顔の人種はこうも風呂が好きなんだろうねえ。「テルマエ・ロマエ」からその名を取ったという話題のスーパー歌舞伎町銭湯。ようやく偵察に行けますた(`・ω・´)ゞ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/05 22:07
琳派400年記念 箱根で琳派 大公開 第二部:江戸・大坂編―抱一・其一・芳中など―(岡田美術館)
琳派400年記念 箱根で琳派 大公開 第二部:江戸・大坂編―抱一・其一・芳中など―(岡田美術館)  夏ぶりの箱根。火山騒ぎも一段落。日本画の中でも私が面白いと感じる数少ない流派である琳派の特集が岡田美術館で開催中。400年記念行事は京都のは参戦できなかったので、この機会を逃してなるものか! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/11 16:06
京王高尾山温泉/極楽湯
京王高尾山温泉/極楽湯  京王線高尾山口駅そば(蕎麦ではない)に鳴り物入りで(京王線車両で広告ジャックとかしたのよ)登場した新たな刺客。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/12/27 13:56
特別展示 あの歌麿が帰ってきた! ―「深川の雪」再公開― 岡田美術館
特別展示 あの歌麿が帰ってきた! ―「深川の雪」再公開― 岡田美術館  ポーラからバスに乗り強羅を過ぎて小涌園そばの岡田美術館へ。これ定番コースになりそうだな。一年ちょっとぶり。念願の足湯にも入れた。だがいくら涼しめの箱根とはいえやっぱ夏に足湯は暑いな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/23 20:57
特別展示 再発見 歌麿「深川の雪」(箱根 岡田美術館)
特別展示 再発見 歌麿「深川の雪」(箱根 岡田美術館)  初めて来た。ほとんど存在認識もしていなかった。…と思ったら去年の10月にオープンした新しい美術館なんだ。しっかし入場料が高い! 大塚国際美術館なみだよ。更に館内写真撮影等出来ないのはまあいいとして、ケータイ(タブレットも)の持ち込みも不可。なんと入場前に金属探知機でボディチェックまでする入念さ!! 事前に公式ホームページで見て知っていたから良かったものの、知らなかったらブチ切れて帰ってるところだ(●`ε´●) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/31 17:48
LaQuaと東京ドームシティイルミネーション2013-14
LaQuaと東京ドームシティイルミネーション2013-14  先週、ふと思いついて久方ぶりに後楽園のスパ LaQua に行ってきた。記事に書いたのはもう9年前なのか。今にして思えば岩盤浴の温度が低めだね。休憩所がかなりよくなっていたのがよかった。まえからこうだったかな? 完全に横になれるベッドとかが感動した。ただ値段が高いんだよな。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/11 11:57
国立温泉 湯楽の里
国立温泉 湯楽の里  国立温泉といっても別に日本国の運営ではない。関東近辺の人以外にはあまり知られていないだろうが、「くにたち」と読む。なんでもお隣の町、国分寺と立川の間に位置することからその名前を取ったという(都市伝説かと思ったがちゃんと市のホームページにも出ていたw) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/27 22:05
森の温泉。森のめし。箱根湯寮
森の温泉。森のめし。箱根湯寮  ポーラへ向け箱根へ向かうロマンスカーの中のテロップ広告で目に入った「日帰り温泉 箱根湯寮」。むむむ? そんなところがいつの間に出来ていたのだ? 急遽スマホで調べてみるとどうも以前あった「ひめしゃらの湯」のことらしい。リニューアルか、経営者が変わったのか知らないが、最新鋭の設備になって生まれ変わったようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/08 21:57
印象派の行方 モネ、ルノワールと次世代の画家たち(ポーラ美術館)
印象派の行方 モネ、ルノワールと次世代の画家たち(ポーラ美術館)  タダ券があるなら使わねばならぬ。4月に東京日仏学院で行われた公開セミナー「20世紀のモネとルノワール − 次世代の画家たちとの対話」で頂いたものである。タダをいいことに潜り込んできたがこんなお土産まで頂戴してしまった。ポーラ美術館さんから学芸員さんをお招きして行われた内容はかなり濃く、やっぱり本職は違うもんだな、私のインチキ美術解説とは比べ物にならないなと(なると思うほうがおかしい)、当たり前ながら勉強させていただいた春の夜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/01 14:00
叡山電車に乗って鞍馬温泉へ(11/9/25)
叡山電車に乗って鞍馬温泉へ(11/9/25)  週末一旦東京に戻って再び京都へ。日曜日早めに入ってまた観光。叡山電鉄のぶらり旅。 ほんとはあのイタリア料理店を再訪するつもりだったのだが、(やっぱり)なくなっていた…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/27 23:28
箱根彫刻の森美術館(足湯とピカソ館偏)
箱根彫刻の森美術館(足湯とピカソ館偏)  私の2011年がようやく明ける。年末の箱根グルメ温泉ツアーが中止となり、傷心のまま迎えた元旦。箱根に行かずして一年の垢が落とせるか。ということでワークライフバランスを取るために新年早々有休を取り箱根に来た(いや有休消化は会社の命令なのよ)。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/09 18:16
マイクロバブの戦略
マイクロバブの戦略  錠剤型タイプの炭酸ガス入浴剤「バブ」は「バスクリン」の独壇場であった入浴剤市場に下克上の到来をもたらした(「カノッサの屈辱」風)。だがそれも既に昔の話。順調な快進撃も近年では踊り場状態となり(想像だけど)、さらなる売上拡大を図るべく、花王社が新たに投入したのがこの新タイプバブ。顆粒状で浴槽に入れた瞬間全身がバブルに包まれる(最近お気に入りなのよ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/02 15:08
大原山荘 足湯カフェ
大原山荘 足湯カフェ  私は足湯ファンである。リフレクソロジーでもメインの足指マッサージもさることながらその前座の足湯も同じくらいいつも楽しみにしている。京都大原に足湯カフェなんてのがあると知ったのは去年の事。以来大原へ足を運ぶこと夢見ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/09 21:16
アンリ・ルソー パリの空の下で ルソーとその仲間たち(ポーラ美術館)
アンリ・ルソー パリの空の下で ルソーとその仲間たち(ポーラ美術館)  ヘタウマという言葉の意味の本当の定義は定かでないが、一流の技量のある人がわざと下手のフリしているものと、純粋に下手なんだけどどこか味がある、の二種類があるのではないか。ピカソは当然前者であり、アンリ・ルソーはまぎれもなく後者である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/23 17:14
GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト
GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト  萌えあが〜れ、萌えあが〜れ、萌えあが〜れ、ガンダム〜♪ 宇宙世紀0109年夏、東京お台場に白いモビルスーツが降り立った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/01 17:09
京都冬の旅 2009(鞍馬温泉とジャンボマックス)
京都冬の旅 2009(鞍馬温泉とジャンボマックス)  PARADISOから茶山駅に戻り、今度は叡山鉄道自慢の「きらら」に乗り込み、鞍馬温泉へ。下はこっそり撮った(別にこっそりすることもないが)車内の写真。片側の席が窓際に向いていて、紅葉の時期などはもう最高である(劇混みだけどね)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/07 23:09
小田原 GRILL 木の実 2008
小田原 GRILL 木の実 2008  今年も恒例年忘れ温泉&グルメツアーの時期がやってきた(去年の記事)。この半年でもう三回目となる箱根行。でも何度行っても飽きない。箱根に別荘が欲しいなと思う今日この頃。「木の実」に行くのは一年ぶり。1962年創業ということで、ちょっと高級な街の洋食屋さんをもう半世紀近く続けている訳か。面した大通りは箱根駅伝のコースになっているらしい。来年チェックしてみるかな。どうでもいいけど、駐車場の塀が無くなった気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/12/29 17:41
おふろの王様 多摩百草店(岩盤浴体験編)
おふろの王様 多摩百草店(岩盤浴体験編)  夏休みも今日で最後だ。昨日までの猛暑がウソのように涼しい。恒例の温泉(≒近場のスーパー銭湯)日帰りツアーに出かけることにした。目的地は最近その臣下に下った「おふろの王様」。今日のテーマは前回未経験だった岩盤浴である。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/17 22:01
おふろの王様 多摩百草店
おふろの王様 多摩百草店  大変なことになった。スーパー温泉の激戦区である多摩地区にまた名乗りを上げたチェーンがある。その名も「おふろの王様」。お風呂で王様気分というと違う方面を連想する人もいるかも知れないが、まったくの健全な業者のようだ(当たり前)。しかし温泉マニアである私はこれまでのお気に入り、極楽湯、季乃彩らと一体どのように使い分けたらいいのだろうか?/(-_-)\(勝手に悩めってか?) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2008/08/09 20:53
季乃彩(ときのいろどり)
季乃彩(ときのいろどり)  東京都西部はホンモノの温泉をウリにした施設がひしめき合う、健康ランド激戦区である。温泉マニアである私も可能な限りそのほとんどへ足を運んできたが、この季乃彩こそ私に全ての旅の終わりを告げる終の棲家となる、そんな確固たる予感を生じさせるものだった(って大げさだよ)。いやでもホント、箱根行かなくてもよくなりそうなくらい気に入った。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/02 23:07
小田原 木の実 & 箱根 天山
小田原 木の実 & 箱根 天山  冬といえば温泉、温泉といえば冬である。毎年恒例のつもりが気づいてみれば三年ぶり。年末箱根グルメ&温泉ドライブに昨日部下を引き連れ行って参りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/30 17:56
京都 2007 晩夏1(ビストロCHINON 鞍馬温泉 長竹)
京都 2007 晩夏1(ビストロCHINON 鞍馬温泉 長竹)  年に数度ある京都長期出張シリーズ。夏の名残と秋の予感を期待してグルメと温泉ツアーを楽しんだ。例によって一日乗車券を利用して叡山鉄道各駅停車の旅(急行とかないけど)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 15:15
極楽湯 多摩センター店
 同じ街に住むカメブログさんで知った温泉施設(ありがとうございます)。場所はサンリオピューロランドの隣と言えば地元の人には十分でしょう(こんなローカルな話題でいいのだろうか)。府中にも新しく健康ランドができたようだけど、ここと比べ値段があまりに高いので視察に行く気がなくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/15 00:17
京都 ビストロCHINON&鞍馬温泉
 京都が僕を呼んでいる。いや僕が京都を求めているのか。都会の乾いた喧噪で憔悴した僕は、ただ先斗町のざわめきと鴨川のせせらぎが聞きたかった。電子音のない土地へ。人工光のない空へ。近頃僕は京都以外のことを考えられなくなっていた。…ん?箱根はどうしたって? む、昔の話さ。また不思議な出会いがあるかもしれない。そんな気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/17 21:58
箱根 ポーラ美術館&天山湯治郷
 箱根が僕を呼んでいる。いや僕が箱根を求めているのか。都会の乾いた喧噪で憔悴した僕は、ただ風のざわめきと川のせせらぎが聞きたかった。電子音のない土地へ。人工光のない空へ。近頃僕は箱根以外のことを考えられなくなっていた。つらいこともあったけど、きっと僕はもう乗り越えられる。そんな気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/09 21:09
LaQua(ラクーア)
LaQua(ラクーア)  要は健康ランドなんですが、東京のど真ん中に最新鋭の設備を完備、癒しの空間を実現! 東京ドームの地下1,700mからくみ出したという天然温泉がウリ。入ってみると茶色いお湯で、なにやらアンモニアっぱい匂いがして、口に付いたのをぺろりとなめるとしょっぱい! いいダシが取れそうです。  追加料金300円(税別)を払うと上の階にある「ヒーリング・バーデ」へ入ることが出来ます。ここでは着衣の上、低温サウナを男女共用で愉しむことが出来ます。ここが一番良かったかな。あ、いや女性がいるということではなく(むし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/24 22:41

トップへ | みんなの「温泉」ブログ

少佐の記憶-Memoirs of a major- 温泉のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる