少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS 『「今、ここ」に意識を集中する練習』(ジャン・チョーズン・ベイズ)

<<   作成日時 : 2017/04/01 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

  副題『心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』。消化不良のままあれこれとマインドフルネスの本に手を出してみる。この本はアメリカ人女性によるもの。アメリカは仏教の本場ではないのだが、マインドフルネスの本場ではある。それゆえかとてもわかりやすく、実用的で、かつ読んでるだけで心が晴れてくる秀逸さ。

 マインドフルネスの具体的な行動指南がまず示され、その心、そして更にそこから得られる深い思索みたいな解説が続く。これがとても腹に落ちる。

 日本人の名前がよく挙がってくる。中国じゃないのね。ビートルズは本場インドの師匠に習ってたけど。これはどうも著者が日本人や日本で座禅を教わったからみたい。スティーブ・ジョブズが感銘をうけたのも日本人僧侶からだったらしいので、アメリカでは日本人が積極的に布教活動に勤しんでいたのかな。

 原題は “How to Train a Wild Elephant: And Other Adventures in Mindfulness” あなたの頭の中で暴れる象さん(=煩悩だろうね)をどう手懐けるか、みたいなニュアンスか。

「優しい手で触れる」
 モノと対峙する際、それとの関係性を常に意識するみたいな教えかな。肌感覚を常に意識するというのは大事かも。ちなみにこの本は珍しく紙の本で読んだ。まあ正直電子と比べてどうってことはいつも感じないのだが。

「別の空間に入ることを意識する」
 おもろいね。ドアをくぐるときとか、常に気持ちを緊張させるのか。何かをくぐり抜けて異世界に動くのは天照大神の頃から千と千尋の神隠しまで定番だ。

「否定しない」
 まず素直に受け止める心持ちは大事だが、使い方を間違えると危険じゃないか。信じる者は救われるって、カルトの温床のようなイメージも持った。

「守るべき “自分” と呼ばれるものなど、存在しない。それは “思考” と呼ばれるものも含め、絶え間なく変化する知覚のプロセスでしかない」
 アイデンティティーとはなんなのか。悟りを開いて突き詰めれば、宇宙との一体感を得て個はその中に消えていく。

「“この瞬間” にいる限り年齢というものはない」
 輪廻転生からくる時間に関する概念なんだろうか。でも実際そうだよね。今が一番若くて同時に一番年老いているのだ。

「遅刻はなぜいけないのか」
 ガイジンは遅刻したらまず説明(言い訳)をするのがマナー、日本人はつべこべ言わず謝るのが普通。異文化のすれ違いだが、日本の常識は、つまり「自分が遅れることで周りの人にどういう影響を及ぼすのか」を考えるがゆえ。「いいわけじゃない、説明だ」といいはられてもそれはあなたの都合であって、待たされたみんなにとっては知ったことではない。












「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門
日本実業出版社
ジャン・チョーズン・ベイズ


Amazonアソシエイト by 「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
マインドフルネス、胡散臭いと思いつつちょっと興味あるんですが、これは入門書によさそうな感じですね。
Sphere
2017/04/02 18:46
Sphereさん
まあ胡散臭いってことはないと思いますけど(商売っ気は感じるけどw)
これは読みやすくわかりやすく内容もあるしオススメですよ。
アメリカの一般的な啓蒙書…というか日本の知識新書に当たる本はみんなリーダビリティに優れてるし(導入部が引き込まれる)よく練られた企画されてると思います。これは編集者のウデだと思うんだよなあ。
少佐
2017/04/02 20:44
図書館にあるようなので今度借りてみます(^^;;
Sphere
2017/04/03 19:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
『「今、ここ」に意識を集中する練習』(ジャン・チョーズン・ベイズ) 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる