少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影(名古屋ボストン美術館)

<<   作成日時 : 2016/08/21 15:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


 もうすぐ(金が回らず)閉館してしまうという名古屋ボストン美術館。夏休みの思い出つくりの一環として、京都出張を途中下車して(名古屋→京都は自腹だよ)お別れを告げに行った(これは8/16のこと)。

 名古屋市美術館とかは何度か行ったのに、ここに来るのはまったく初めて。それだけ目に付く企画展もなかったのだろう。しかしこんな駅前だったんだな(JR金山駅)。一等地なだけにコストも掛かっていたのだろうか。
画像



 ご本家はこんな感じらしい。
画像



 ビルの中に入るとすんごい行列である。階上にあるチケット売り場が狭いので入場規制をしていただけのようだ。係員さんもおおむね親切対応だった。ゆえに中に入ってからはそうでもなく、快適に鑑賞できた。ただし、展示作品リストがない! ああメモ取れずにめんどい。でもHPにけっこう作品が載ってるのでそれを参照しながら思い出して書くか。

 ヘンなとこにはカネかけてんだよなw
画像




 お馴染み顔出しパネルまでw
画像




 「ルノワールの時代」と名打たれた企画展なのに、ルノワール作品はそれほど多くなかった。まあいろいろ楽しめてよかったけど。しかし美術史の教科書に載るような作家の作品が豪華に登場。さすがボストン(?)


 でも過去に見たことある作品がどんどこ出てくる。なんだかもうボストン行かなくてもいいんじゃないか?ってくらい私もこれまでボストン美術館の名作見てるのだね。

ピエール=オーギュスト・ルノワール
《ブージヴァルのダンス》1883年
 たぶんここで見たものだろう。今日本でルノワールの手によるダンス三部作(そんな呼ばれ方はしていないが)が集まっている稀有な状況らしい。他二つは新国立美術館にて。


エドガー・ドガ
《美術館にて》1879-90年頃
 これは以前横浜美術館の(あのエトワールが来た)ドガ展で《美術館訪問》という標題で飾られてたやつじゃないかな。あれボストンから来てたんだ。相棒のカサットの絵がないのが残念。


ジャン=フランソワ・ミレー
《木陰に座る羊飼いの娘》1872年
 これも見覚えがある。たぶんここで見たんだろうなあ。


フィンセント・ファン・ゴッホ
《機を織る人》1884年
 これは見たことがなかった! ゴッホはほんとに多作家。画家として活躍(出来てなかったけど)した月日はごく僅かなのに、後から後から見たことのない作品に巡りあう。
 だがこの作品はヘタである。やっぱり画学生みたいなぎこちなさが目立つんだよね。今でこそゴッホ作品として見ればそれなりだが、描かれた当時に画商にいくら進められても絶対買わなかったろう自信がある。


ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
《花輪を編む若い娘》1866-70年頃
 コロー、晩年に近い頃の作品。民族衣装のコスプレさせたモデルをアトリエで描き、森の背景を後から添えた制作過程を取っているのではとの解説。まったく、現在の写真や映画と同じようなことしてるんだよね。ほんと不思議な人。


ピエール=オーギュスト・ルノワール
《ガンジー島の海辺の子どもたち》1883年頃
 これも見たことない。ルノワールの印象がちょっと変わるほとんど少女マンガ的なキラキラ感。

《マッソーニ夫人》
 青の基調の肖像画。これも見たことなかった。いつものルノアール顔のおねえさんじゃない。真面目に描いたのかな。制作年がわからん。表記がなかった。個人蔵らしいことと関係があるのだろうか。


ジュール・パスキン
《メランコリック》1909年
 パスキンまであるとはね。独特の色使いでアトムみたいなおねえさん。


ジョゼフ・バイ
《水汲み場にて》
 今回はじめて見た人。どことなくフェルメール風。フランドル絵画の路地みたいな場面設定。左側からの光に照らされる二人の女性。その間の後ろからまた別の女性の影が近寄っていく。井戸端会議か。1880年代の制作らしい(この人の名前ググってもほとんど情報が引っかかってこない)。解説によれば、前衛(印象派)全盛時代に懐古趣味的作風でウケを取ったそうな。戦略的な逆張りだな(笑)。


 しっかし、名古屋の殺人的な暑さには参った。昼飯どころ探してちょっと駅前うろついただけで倒れそうになったよ。目に付いたところで味噌カツ食ってきたが。うまかったよ。

 さて京都はもっと暑いかな。
画像












グレイテスト・ヒッツ
Sony Music Direct
2004-02-18
ボストン


Amazonアソシエイト by グレイテスト・ヒッツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず 美術には疎い私なので なかなかコメントが出来ません(>_<)
とにかく暑いねーーというのが挨拶になってる状態の今日この頃。
真夏のような入道雲か?って思う雲もあったかと思うと・・最近は暗くなるのが早い・・あぁ 夏は終わりだなぁって感じてます。
夏の終わりはさみしいです。
のの ☆
2016/08/27 21:56
のの ☆ さん
お久しぶりです。お山は順調に登られてるみたいですね。
ほんと、関西は殺人的な暑さでした…。台風が迫っている今日の東京はず〜っと雨が降っていて、夜なんかめちゃくちゃ涼しくなりました。長期予報では猛暑の予想だったけどそんなでもなかったですね。夏が終わったらゲージツと食欲の秋です!
少佐
2016/08/27 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影(名古屋ボストン美術館) 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる