少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS Kindle Unlimited はじめました

<<   作成日時 : 2016/08/11 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 Amazonからまた新たな刺客。巷で話題の定額制の Kindle本読み放題サービス。最初これを聞いた時の感想はは「そんなに読みきれねーよ」。もちろんなんでも読み放題になった訳でもないし、それに今でさえ AudibleAmazon English(これもう課金されてるのかな?)、Amazon Prime年会費、アポーミュージックと課金サービスやってるのにまだ増やすのかよ? ということで見送ろうと思っていた。

 ところがあれこれ見ていくと、その性質上読み飛ばすことの多い雑誌とかマンガとか(エロ本とか)ならさっさかこなしていけるのではないか?と気付いた。決め手になったのは Audible で毎月聴いている「English Journal」が入っていたこと。これだけでも買えば一冊1200円なので、毎月980円の課金はペイする。他に Newsweek やダイムなんかもあるし。




いやん! (〃▽〃)



 雑誌を買わなくなった理由は邪魔、これに尽きる(マンガも同じだ)どんどん部屋に堆積していく。その点電子であればどれほど買い込もうが無問題。しかも私は iPad Pro ユーザーなのだ。恐らくおおかたの雑誌はタブレットで読むと文字が小さすぎて中高年(でなくても)はかなり難儀すると思う。だがあの Pro のデカさなら紙とほぼ同じ感覚で読めるのだ! せっかく大枚はたいて買った高級タブレットをここで使い倒さずしていつ使う! そんじゃまあ入ってみんべかと意思決定した。

***

 雑誌業界はもうスマホのおかげで青息吐息だという。果たして Unlimited は雑誌業界を救う救世主となるのだろうか? これまで「かさばる」という理由で敬遠してきた読者をまた引き戻すことが出来るのだろうか?

 利益配分がどうなるのかも販売側としては気になる所。噂によると読まれたページ毎に計算されてお金が版元に行くようだ。だからただ買われ(ダウンロードされ)て Kindle の本棚にあるだけの状態では一銭も落ちてこないらしい。超高速でサササッとページ送りすようなズルはさすがに「違反行為」とかみなされるのかな? あと、複数回読まれるとそのたび収益になるのかな?(会員は毎月課金されるのだから少なくとも月をまたいだらそうなるんじゃないかな)
*たぶんアポーミュージックなどの定額ダウンロード音楽も似たようなシステムなんだろな。

 また、バックナンバーはよっぽどのマニアでもないと収集されなかったし、入手困難な場合も多かったが、レコメンデーションシステムなどにより発掘されてまた売れ出す可能性も出てくる。

 私は知らなかったが「珈琲時間」ってよい雑誌だね。




 恐らくほぼ確実な推測として、出版元にはその雑誌のどこのページが読まれたか、ある程度FBがあるものと思われる。これまでせいぜい読者カードみたいなものでしか知り得なかった(「どの特集記事が面白かったですか?」みたいな)データが入手でき、編集側としては今後の方向性を決める貴重なマーケティング情報が得られるということだ。(と同時にAmazonもそのすべてのビックデータを獲得できる。あなたの性癖も丸裸にされるわけだ。

 そもそも雑誌は速報性と宣伝媒体の性格が強いものだ。極端な話、雑誌自体で利益が出なくてもその後の展開で元を取る戦略もこれまで普通に行われていた。(例えばマンガ雑誌は、後の単行本で版元もマンガ作者も潤っているっていうでしょ?) ゆえにこれまで以上にマニアックなニッチ戦略もスピーディーに取りやすくなるのではなかろうか。ってか、そうしていかねば雑誌に未来はない。

 Amazonが出版社をこの(あんまり儲かりそうにない)サービス参加に取り付けたのには上記の理由を説得材料にしたのではと思われる。


 ところで Kindleオーナー ライブラリー(Primeメンバーは月一冊、対象になっているKindle本が無料で読める)と Unlimited の品揃えってほぼイコールなのかなと思ったが、例えば「毎日かあさん」とか『7つの習慣』は Unlimited になっていない。うーむ。
















ワンピース アンリミテッドワールド R
バンダイナムコゲームス
2013-11-21


Amazonアソシエイト by ワンピース アンリミテッドワールド R の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Kindle Unlimited はじめました 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる