少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS 超絶技巧!明治工芸の粋(三井記念美術館)

<<   作成日時 : 2014/07/07 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


 巷ではどこぞの白菜が脚光を浴びているが、こっちのタケノコも負けずにスゴいぞスゴいぞ!と美術系ブログで密かに話題になっていた(?)企画展にようやく行ってみた。明治の職人たちの超絶技巧をとくと味わえ新鮮野菜!


 三井記念美術館って初めて来たけど、なんか高級ホテルみたいな佇まいだ。エレベーターも趣があるね。
画像



 週末の夜間開館などがないからなかなか来れなかったのだけど。地下鉄駅出口からすぐなんだね。この日は神田から歩いてきた。入館料はちと高いかも(今日は特別展だからかな?)。三井住友ビザカードが使えるかどうかは知らない。


《伊勢海老》 無銘
 まずは伊勢海老。象牙細工と言えば伊勢海老、みたいなお約束があったらしい。いやうまそう(笑)。バリっと割いてむしゃぶりつきたい。お隣には黒い伊勢海老。なんだこりゃと思ったら鉄製だとか(!)南部鉄器っぽかったな。


《花見図花瓶》 錦光山
 造形がアールヌーボーの影響を受けたと書かれていたが、私にはマトリョーシカに見えた(笑)。


《花鳥図香炉》 鹿島市谷 二代
 花鳥のエンボスが入ってる。これもアールヌーボー影響というが、そもそも(少なくともガレは)日本の文化の影響を受けて自分の作風を確立したと思ったけど。逆輸入だよね。


《羊》 石川光明
 羊である(笑)。干支用かな?? しかしこの毛並みの質感! 下のほうが黒みがかっていて、これは光の具合か汚れたのか意図的なのか…と思ったが、見る位置を変えても変わらないし、汚れるなら上からだろうし、意図的なんだろうなあメエエ。


《雀蝶尽し茶碗》 精巧山
 茶碗の内側にはこれでもかというくらいちょうちょが描かれてる。あまりに細かすぎてかなり拡大しないとわからんw。外側の模様も最初なんだかよくわからなかったが、持ってきていた単眼鏡でようやくさまざまな表情のスズメさんたちだなとわかったチュン。


安藤緑山
《竹の子、梅》
 さて、これを見に来たのだ。力強く天に向かいそそり立つ太い幹の下に二つの丸い玉。鋭利に尖る先端から玉露が溢れんばかりに瑞々しい。被る皮は今まさにその怒張に張り裂けながら剥けそうで剥けない。野太い根元を支える皺の寄った黄色い梅の実の周りを彩る紅い毛根はまるで疣のように妖しい突起。

 ここまでほぼ一品がガラスのショーケースに飾られていて、後半は長いショーウインドウにずらずらっと七宝焼きの名品が鎮座するスタイルで、そっちは行列になっていた。一方このタケノコは一応皆さん「スゴイねえ」とか「あ、テレビで見た!」とか反応はするのだが、けっこうあっさりめにスルーしていた気がする。いちばん面白かったのになあ。

 で、これを作った安藤緑山という大師匠、タケノコの他にもみかんやら柿やら茄子やらパセリやら、象牙細工でなんでも作ってたみたい。ワシントン条約もびっくりである(爆)。ただ弟子とか持たなかったため、技の伝承がされずもうどうやって制作したのか肝心なところはもう皆目検討がつかないらしい。まあ、今ならもう合羽橋に行けば格安で入手できるからね(違う)。

 まあしかし、食べ物がとにかくほんものそっくりで、果物とか野菜とか現物を一個知らん顔で紛れ込ませたりしてみたら面白いのにとか思ってた。しかしそもそもなんだってこんなものを制作しようと思ったのか? 案外「それを言っちゃあ、おしめえよ」的な芸術家に対するタブーな質問かもしれない。ちょうど基礎研究をしている科学者に「それって何の役に立つのですか?」と問うように。

 また、ふと不思議に思ったのは、(これは象牙ではないが)あまりにリアルなムシやらヘビやらの細工に、普通であれば「気持ち悪いやめてぇ!」と拒絶反応を間違いなく示しそうな女子層が、とても冷静に鑑賞されていた。本物じゃないと知ってれば大丈夫なのかねえ? これも現実の再構成である芸術の持てる効能の一端ではなかろうか。


 7月13日まで! 急げ!!

 あ、巡回するんだね。

 佐野美術館(静岡県三島市): 2014年10月4日(土)〜12月23日(火・祝)
 山口県立美術館(山口県山口市): 2015年2月21日(土)〜4月12日(日)

 で、これらの展示品はすべて清水三年坂美術館というところからの出品だそうだ。清水の茶わん坂の辺りにそんなのあったんだ。知らなかったな。今度行ってみよう。







昭和青春グラフティ 原宿竹の子族 [DVD]
セブンエイト
2005-08-26
ドキュメンタリー


Amazonアソシエイト by 昭和青春グラフティ 原宿竹の子族 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
安藤緑山をググって画像見ましたが、ミカンの質感とかすごいリアルですね〜。虫は見当たらなかったけど、このクオリティで作られたらイヤかも(;_;)
Sphere
2014/07/08 19:23
緑山師匠、幸いムシ系はあまり興味なかったみたいですねw。
少佐
2014/07/08 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
超絶技巧!明治工芸の粋(三井記念美術館) 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる