少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS ブリューゲル版画の世界(Bunkamura ザ・ミュージアム)

<<   作成日時 : 2010/08/22 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


 ヒエロニムス・ボスの絵を初めて見たのはクライブ・バーカー『不滅の愛』(現在は品切れ中)のカバー絵で使われていた「聖アントニウスの誘惑」だったか。最初小さいのでよくわからなかったが、ふと気づけばあちこちに散りばめられた正体不明の気味悪い生物たちへの嫌悪感が本の内容よりも残っている。ブリューゲルの版画はこのボスの影響下に強くあるらしい。だがボスの絵がどれもへたしたら正視できないくらいおぞましいのに対し、いわゆる地獄図絵なのにブリューゲルはどこか微笑ましく感じた花金渋谷の夜。

 妖怪つながりを狙っていたわけではない。ゲゲゲは急遽開催を知りはせ参じた。こちらは前売り券まで買って万全の体制で望んだ。前売り券には「記念品引換券」みたいのが付いていて、なにくれるのかなと思ってたら、ベルギーワッフルっぽい薄焼きクッキーだった(写真参照)。

画像



 ピーテル・ブリューゲルといえば白黒のエッチングよりも当然フルカラーの油彩作品が有名だ。「バベルの塔」「イカロスの墜落のある風景」など誰でも見覚えがあるはず。「バベルの塔」についてはエングレーヴィング(Wikiで説明を読んでもなんだかよくわからんが)による複製画(?)が他の画家の「バベルの塔」と並べて飾られていた。引き立て役(?)の作品はドリルみたいに塔が一直線に伸びていく様に描かれて、これはこれで聖書の記述に近いと思う。ブリューゲルは御存知の通り塔の中にまた塔があるいわば入れ子形式になっているのがオリジナリティか。

 そして忘れてはいけない事は、北斎の浮世絵と同じく、ブリューゲルは版画の原画を描いただけで、エッチング等の彫りはまた別の彫師がいた。微妙なタッチは彫師のタッチ。とはいえ奇々怪々な魔物たちの造形はブリューゲルでこそ。多くはキリスト教の修身の教えに則っているらしい。

 巨神兵のような頭部が口を開けて朽ち果てていく。空を舞う奇怪な生物。足を生やして地を走る魚(そういえばマグリットの絵ににこんなの出てくるな)。大魚の腹から小魚が溢れ出す。享楽に我を忘れ汚物を垂れ流す恥知らずの愚者。どれもが入念に細かく描きこまれており、やはり「ゲゲゲ展」と同じくちっとも列が先に進まない…。


 おバカな私はいつもそういうところに目が行くが、どういう訳か下ネタ系が多く描かれている。股広げてケ×の穴見せたりとか排便シーンも満載なのだ。これは深層心理学の世界で、ジークムント・フロイトの主張する五つの性的発達の第二段階「肛門期」を思わせる。そもそも中世には衛生観念ってあまりなかったとも聞くな。

 また中世の男性図に多く見られる「股間もっこりケース」w。今見るとなんじゃこりゃ?ではあるが、考えて見れば現在のブラジャーと同じ役割なんだよな。寄せてあげるタイプとかあったのかな? ブリューゲルの時代の人達が渋谷を歩く21世紀のお嬢さん方を見たら「なんと卑猥な格好をしているのか!」と卒倒するかもね。


《大きな魚は小さな魚を食う》 1557年
 美術館側の計らいで、これをもとにした切り絵のようなアニメが上映されていた。これがまあ絶妙にブリューゲルの世界観を再現していた。公式HPでもかなり充実した閲覧コーナーがあるので、(いつまであるのかわからない)行けない人も是非そちらにはご訪問を。


 滅多におみやげものを買わない私だが、今回魔物フィギュアのガチャガチャがあり、そいつは思わず手に入れた。


画像
 ほんとは卵のヤツが欲しかったけどこれもなかなかかっこいいね。


*どうでもいい話2:また私の後ろにキモい男の二人連れがいた。会話の中で聞こえてきた(「七つの罪源」解説プリントを読んでいたんだと思う)「"くじらのみ" ってなんだろね?」…ん?小耳に挟んだ私も一瞬考えたが、そりゃ「げいいん」(鯨飲)と読むんだよ〜! クジラさんみたいにがっぷりバカ飲みすることだー! 鯨飲馬食という四字熟語もあるんだぞ。勉強しない子は無限地獄へ堕ちろ! ぜえはあ。まあ日常会話でまず使わない言葉だけどねw。鯨という漢字が読めただけいいか。








鯨は国を助く
小学館
小泉 武夫

ユーザレビュー:
捕鯨問題を考えるには ...
全ての日本人に読んで ...
鯨を正しく理解し、食 ...

Amazonアソシエイト by 鯨は国を助く の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
魔物フィギュア可愛い!
私も美術展では記念にポストカードくらいしか買わないですが、これはいいですね(^o^)/
Sphere
2010/08/25 21:25
ふふふ、いいでしょう!w。日本の金型技術に感謝です(!?)
少佐
2010/08/25 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブリューゲル版画の世界(Bunkamura ザ・ミュージアム) 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる