少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS ホームベーカリー活用法

<<   作成日時 : 2010/06/10 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 ホームベーカリー(以下HB)ユーザーとなって早や一年が杉田。カツマさんに遅れを取ったがw、私もホームベーカラーとして(そんな呼び名は流行ってないが)私なりに極めた奥義をいくつか栄光の Vine レビューワーとして世に伝えたい。ふっふっふ。


<天然酵母>
 HBのおいしさをほんとに満喫したいのなら絶対に天然酵母で焼くべきだ。かなり準備に時間がかかるが。天然酵母は種を起こしてから一週間の命なので、機械についてる取説の分量(ほぼ4回分)で作るとうちのように毎日はパンを食べない家庭では余らせてしまうリスクがある。実は説明書の指定量の半分でも問題なく出来る。それ以下はさすがに試したことはないけど。

 また、HBの酵母起こしの機能を使わなくても、室温でも出来る。「ホシノ天然酵母パン種」の場合、20℃で48時間、30℃で24時間が目安(袋にそう書いてあるもん)。要するに付属の種起こし容器に分量を入れて混ぜ合わせ、部屋に放ったらかしにしておけばよいのだ(出来上がった後は冷蔵庫に置いてね)。細かいこといえば、あんまり長い時間放っておくので、出来上がりの時間がわからなくなる(笑)。メモに出来上がりの日付と時間を書いてそばに置いておくことをお勧めする。メールのアラーム機能を使うのも手かも。


<材料の分量>
 ケーキ作りの事を考えると、同じ "膨らます系" なので、酵母や水の量など厳密なものではないかと思いきや意外にけっこうアバウトでも何とかなる。特に天然酵母のレシピは取説通りに入れるとむしろ膨らみすぎるのが実感。


<国産小麦粉>
 膨らみといえば、国産小麦は膨らみが悪いと何かにつけて言われる。でも私が使用した限りではまったくそんなことは起きない。ちなみにいつも地元聖蹟桜ヶ丘の富澤商店で「はるゆたかブレンド」を購入している。とにもかくにも国産小麦と天然酵母の組み合わせは最強で、市販の混ぜ物だらけのパンにはもう戻れない。


<切り方>
 専用のパン置きなど用意しなくとも、天ぷらの油切りバットを代用(笑)。焼きたてでも30分置けばサンドイッチと同様のこぎりギコギコ切りをすれば多少柔らかくても問題なく切れる。切り口が垂直になるかどうかは別にして。


<メーカーさんへ今後の要望>
 炊きあがっても放ったらかしに出来る炊飯器と違って、焼きあがったらすぐに取り出ないといけないのが不便といえば不便かな。まあ大した問題ではないかも知れないけど。


<所感>
 HBのパンは市販の "ふっくらパン" に比べると数日で固くなるとも言われる。しかしこれも考えてみて欲しい。普通一度炊いたご飯を三日後まで食べるだろうか? その日の内に食べきるのが自然な食生活だ。一週間近く常温でおいてカビも生えないようなパンはもうミュータントであると知れ。

 念のため言えば、折りにふれ書いているように、私はあらゆる食品添加物に無条件に拒絶反応を示すほどのナチュラリストではない。そういうものがなければ人類はとっくに餓死している。だが可能な限り自然で本物の味を追求したい。無農薬、無添加、遺伝子組換えフリー、昔は当たり前だったことが今では究極の贅沢になってしまったのは感慨深いものだ。

 一年経過して、そろそろ食パンばかりでなく、パン種を使ってオリジナルパンを作ることにもチャレンジしたい。とりあえず手軽そうなベーグルに先日挑戦してみた。詳細レシピはググればかなり出てくるのでそちらを参照されたし。

 簡単に紹介しておくと、クリームやバターを入れず生地を作り、成形したら熱湯で40秒程度茹で、水気をとって200℃のオーブンで20分程度。これだけでよい。モチモチのしっかり食感は問題ない。ただし、売られているようなツルツル表面にならなかった。天然酵母で生地を作るとドライイーストよりも粘性が高くなることも関係しているかも知れない。この辺はなにかコツがあるのかな。まあでもそれも手作りの味わいか。



最新機種。さあ買え!(爆)
Panasonic ホームベーカリー オレンジ SD-BM103-D
パナソニック
2009-09-20

ユーザレビュー:
もっと早く買っておけ ...
パンを買う事が殆どな ...
超おすすめ!パン焼き ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
川田先生もご推奨の物件ですな。飽きずにご活用なさっていたとは素晴らしい。
前の記事を拝見して以来、電気屋さんに行くたびに眺めてはいるのですが・・・ 
ハイテク電気釜と比較検討中(笑)
彩季堂
2010/06/12 11:58
ご飯炊くのが飽きないように、パン焼くのも飽きないもんですよw。ハイテク釜もいいんですけどね、ご飯は鍋とかでじゅうぶん簡単においしく炊けますから私は何の興味もわかない。そのレシピも書くか?(笑)。ただずっと見てなきゃいけないので(賞味十五分ほどですが)、朝起きると炊けてるってのはムリです。
少佐
2010/06/12 12:04
持参するお土産が必ずパンという友人がいます。
コーヒー味などが結構美味しかった。
彼女いわく「炊飯器と同じ感覚よ」
少佐さん、すごいですわね。
ほっほっほ。
七海
2010/06/12 15:58
いやいや、すごいのは世界のナショナルさんですよ。パン食の本場の国でもけっこう売れてるって話ですからね。まあ世界で一番パンがおいしいのはやっぱり日本でしょうけどね(外国でパン食べたことないけど)
少佐
2010/06/12 17:36
慣れのせいもあると思うけど、しばらく住んでたピッツバーグでは美味しいパンにはありつけなかったですよ。
そん時は、もっぱら電気コンロでご飯を炊いてたんで、私も飯炊きは上手ですよ。最後の見極めはお焦げの香りっていう優雅な炊き方(笑)
彩季堂
2010/06/13 10:59
なる歩道〜。
少佐
2010/06/13 11:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホームベーカリー活用法 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる