少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌川国芳 奇と笑いの木版画 後期展(府中市美術館)

<<   作成日時 : 2010/05/08 18:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

画像



 もう一回来ようっ、とその場では決意しても、実際に足を運ぶことはなかなかない。覚えている限りでは数年前東博で行われた北斎展くらいのものか。あれは規模が膨大で一回では見切れなかったからだ。今回の歌川国芳も大幅入れ替えがあるとのことで即再訪を決めたのに、一筋縄ではいかなかった。一度目のトライは特別休館日、二度目も特別休館日、三度目は事故によるダイヤ乱れ。艱難辛苦乗り越えてようやく見てきた後期展。


 ほんとにそっくり入れ替わってた。ほとんどが初めて観る作品(忘れてるだけかも)。気のせいかも知れないが、後期の方がずっと楽しめた。見てもよくわからない歌舞伎役者の似顔絵が減ったせいだろうかw。


 この展示は府中市美術館始まって以来(?)の大盛況で図録も早々にソールドアウトになったそうだ。私は幸運にも前期展訪問の際、入手していた(滅多にこういうの買わないんだけど)。せっかくなのでこの中から後期展で気に入った物をいくつかピックアップ(見せびらかしw?)。

 ほんとのこといえばこれも無断違法掲載になるのだろう。なるたけ「なにげに自分の本を撮りました」とわかるようなショットで。


画像
《横浜本町之図》(左側)
 当時の情景がよくわかる。この横浜も今じゃでっかいビルの建ち並ぶ国際港町



画像
《大物之浦平家の亡霊》
 どんぶらことゆれるお船とこんもりしたでっかい波がお気に入り。海で悪霊に襲われる平家物語の一節。
 この絵と直接関係ないが、展示では水滸伝の豪傑を描いたものが多かった。なんで三国志じゃないのかな。今の日本では圧倒的に三国志の方が人気あるのに。


 すっかり堪能した後、珍しく常設展も覗いてみる。苦手な現代アートが多くてほとんどスルーしたが、ちょっと目に留まったのが文承根「活字球」という作品。鉄球の表面に活字が張り巡らされ、自由に転がすことで紙に文字が印刷されるらしい(もちろん実演はされてないが)。一目見てこれ Wikipedia のマークじゃん!(笑)。よくよく見比べるとだいぶ違うのだけど、目指す心意気は同じだったのかも。調べたら文承根さんという方はかなり難しい人生を送られたようだ。府中で出逢えたのも何かのご縁であろう。


*ちなみに例のシャチハタ手作り浮世絵、再チャレンジしたがやっぱりずれずれ。これは最初からずれるように出来ているに違いない!








グーテンベルクの銀河系―活字人間の形成
みすず書房
マーシャル マクルーハン

ユーザレビュー:
中世の情熱的な音読の ...
単なる技術革命にとど ...
「読んでおく『べき』 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
国芳って、ほとんど知らなかったんだけど面白い作品を残してるんですねえ。
それにしても3度の失敗を乗り越えてとはすごい! 
鑑真みたいだ(笑)
彩季堂
2010/05/12 17:07
無抵抗主義? それはガンジーか…(日本史苦手)。
少佐
2010/05/12 21:38
(爆)
鑑爺和上?
彩季堂
2010/05/13 13:11
この展覧会を気に入った人、私のネット上の付き合いの中で割りと多いようでした。
奇な顔かは存じませぬが、好む道は似ています。
真面目なことを不真面目に、不真面目なことをクソ真面目に論じつつ、仕上げはユーモアに拘ります。
ちがいました?
七海
2010/05/13 14:13
はて、それは七海さんのこと?私のこと? 私のことであれば常に真面目デスよん。そして顔は美形です(-_-☆)
少佐
2010/05/13 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌川国芳 奇と笑いの木版画 後期展(府中市美術館) 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる