少佐の記憶-Memoirs of a major-

アクセスカウンタ

zoom RSS 『怖い絵3』(中野 京子)

<<   作成日時 : 2009/09/12 15:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

  『怖い絵』シリーズもついに三作目。ネタ切れになるどころか、時空を超えて思いがけない場所へ読者を連れて行くナビ技術は過去二冊と相まってより磨かれている。それなのにこれをもって完結編にするとは、これ以上恐怖の種を世間に蒔くのを恐れているのだろうか? さて最後の恐怖の旅に出かけよう。


《ベアトリーチェ・チェンチ》 伝レーニ 1599年?
 少女の頭に巻かれた布は風呂上がりのバスタオルかと思っていたのに、あに図らんやそんな哀しい運命に弄ばれる定めとは。薄幸の美少女の物語は常に時代と共に語り継がれる。人々の彼女を惜しむ気持ちは、姿形を変え転生し続ける。…君はあの女の子だったのか。


《メドゥーサの首》 ルーベンス 1617年
 『フランダースの犬』のおかげで、日本でルーベンスといえば敬虔な神の姿を厳かに描いた聖なる画家のイメージがあるが、こんなおどろおどろしい絵も制作していたのね。ネロがパトラッシュと見る最後のルーベンスがこれだったらやだろうなあ。

「パトラッシュ、見てごらん、ルーベンスの蛇がしゅるしゅる舌を出してるよ…レッドスネーク…カモーン……ピーヒョロロロ〜♪


《イカロスの墜落》  伝ブリューゲル 16世紀後半
 この絵は実物を見たことがある。「伝ブリューゲル」とある通り、本当にブリューゲル(子)の筆によるものなのか真偽の程はビミョウらしい。それでもこの実物を目の当たりにした身から言わせて貰えば、作者がどうあろうと、多少デッサンに狂いがあろうと、何かしらの感銘に討たれる名作であることに変わりはない。ハチのムサシは死んだのさ〜♪




《フェリペ・プロスペロ王子》 ベラスケス 1659年
 今月末から国立新美術館で「THE ハプスブルク」が開催される。それほど興味沸かなかったが、この作品が来るらしい。それでは行かねばなるまい。詳しい感想はその時に。


《聖家族》 ミケランジェロ 1617年
 ある名画で、幼少のキリストと共に描かれた聖ヨセフを悪い魔法使いだと勘違いしたバカがいる。むろん私のことだ。その時は自分の無知蒙昧さに恥じ入ったものだが、どうやらそう捉えても無理からぬ "操作" が関係者の手により昔から加えられていたらしい。なんと哀れなヨセフ様。これなら魔法使いに間違われる方がまだマシではないか(多少男気があるじゃん)。


《マドリッド、一八〇八年五月三日》 ゴヤ 1814年
 多くのオマージュ作品を生んだゴヤの名作。マネのはしょせんマネだなと思うけど、ピカソのはけっこう心打たれたんだけどな。著者は両作品とも斬り捨てている。


《聖アンナと聖母子》 レオナルド・ダ・ヴィンチ 1510年
 全てが謎に包まれた画家、ダ・ヴィンチ。この作品もありとあらゆる解釈が可能らしい。確かに見れば見るほど不思議な違和感を覚える。画面のどこにも無駄がなく何かしら意図的な描き方をしていることははっきり伝わる。だがそれはいわゆるだまし絵的な隠匿なのか、ただのオタク研究者たちの気のせいなのか、はたまたそのすべてを見越したダ・ヴィンチのお遊びなのか。私に言わせればダ・ヴィンチは画家ではなく科学者であった。後世に自分の研究テーマを残してくれたのだろうか。


《仮面にかこまれた自画像》 アンソール 1899年
 クリムゾンキングの宮殿?



 不思議な作風、不思議な人生。この絵はなんと日本にあるようだ。小牧市ってどこだ? 名古屋の方か。行けないこともないな。旅に出るか。



<過去ログ>
『怖い絵』
『怖い絵2』








怖い絵3
朝日出版社
中野 京子

ユーザレビュー:
知らない絵が多すぎる ...
深読みすればするほど ...
三巻で完結させてしま ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっと、3巻目もポチッとな(笑)
少佐さんのおかげで絵の解説書が集まりつつあります。
先入観なしに見るのも良いけれど、知識があるとまた一興 (^.^)
彩季堂
2009/10/05 08:49
今度のも負けず劣らず怖いっすよぉ〜。どんどん世界観が広がっていったので、続編出して欲しいんだけどな〜。
少佐
2009/10/05 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
『怖い絵3』(中野 京子) 少佐の記憶-Memoirs of a major-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる